[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ最大のライバルか 露専門家が「警戒する必要がある」と語る選手とは?

フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われる。日本勢ではSP(ショートプログラム)2位の坂本花織(シスメックス)、7位の紀平梨花(関大KFSC)、8位の宮原知子(関大)が首位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)を追うことになるが、海外の専門家が注目を寄せるのはSP3位のエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)だ。SPでは自己ベストを大きく更新した19歳は、フリーでは4回転サルコーを跳ぶ予定で俄かに脚光を浴びている。

SP3位のエリザベート・トゥルシンバエワ【写真:Getty Images】
SP3位のエリザベート・トゥルシンバエワ【写真:Getty Images】

SP3位トゥルシンバエワはフリーで4回転に挑戦

 フィギュアスケートの世界選手権は22日、女子フリーが行われる。日本勢ではSP(ショートプログラム)2位の坂本花織(シスメックス)、7位の紀平梨花(関大KFSC)、8位の宮原知子(関大)が首位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)を追うことになるが、海外の専門家が注目を寄せるのはSP3位のエリザベート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)だ。SPでは自己ベストを大きく更新した19歳は、フリーでは4回転サルコーを跳ぶ予定で俄かに脚光を浴びている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 虎視眈々と表彰台を狙っている。四大陸選手権では紀平に次ぐ2位に入ったトゥルシンバエワだが、フリーでは4回転サルコーを決めればメダルに大きく近づくことになる。148センチと小柄なスケーターに注目を寄せているのは、2002年ソルトレイクシティー五輪アイスダンス銀メダリストで振付師のイリヤ・アベルブフ氏だ。ロシア紙「コムソモリスカヤプラウダ」で「彼女は過小評価されていると思います」と語っている。

「フリーで彼女はトップ3に残る大きなチャンスがあります。私は彼女のフリーをユニバーシアードで見ました。4回転ジャンプは最後の部分まできれいに跳べませんでしたが、残りのエレメンツは難しく、輝かしくて質が高いものだった」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集