[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチローの引き際を“先駆者”が称賛 ニグロリーグ博物館が「Hall of game」選出へ

米ミズーリ州カンザスシティーにあるニグロリーグ野球博物館がイチローの引き際を称賛した。ボブ・ケンドリック館長は21日に行われたマリナーズ―アスレチックス戦をテレビ観戦し、「満員の日本のファンの前で自分の意思で引退した。彼のプレーを観るのは楽しみだったから、当然寂しさもある。でも、パーフェクトな幕引きだったのではないかと思う。おめでとう、と言いたい」と祝福した

イチロー【写真:Getty Images】
イチロー【写真:Getty Images】

ニグロリーグ野球博物館の館長「パーフェクトな幕引きだった」

 米ミズーリ州カンザスシティーにあるニグロリーグ野球博物館がイチローの引き際を称賛した。ボブ・ケンドリック館長は21日に行われたマリナーズ―アスレチックス戦をテレビ観戦し、「満員の日本のファンの前で自分の意思で引退した。彼のプレーを観るのは楽しみだったから、当然寂しさもある。でも、パーフェクトな幕引きだったのではないかと思う。おめでとう、と言いたい」と祝福した。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 ニグロリーグ野球博物館は人種差別が激しかった時代に黒人選手らを中心に競ったニグロリーグの歴史を紹介している。同博物館ではエキサイティングなプレースタイルでファンを魅了し、野球の発展に貢献した選手が選ばれる「Hall of game」に、イチローを選出する考えがあるという。

 米野球殿堂とは別に、2014年から始まったこのアワードは毎年4人ずつ選ばれ、これまでに大リーグ歴代最多の1406盗塁をマークしたリッキー・ヘンダーソンや華麗な遊撃守備で「オズの魔法使い」の異名を持ったオジー・スミス、ジョー・モーガン、ルー・ブロックら往年の名選手を選出。現役を退いた選手を対象に、毎年6月に行われる表彰セレモニーに参加することが受賞の条件となっている。

 ボブ・ケンドリック館長は「イチローのプレースタイルはニグロリーグの選手たちととても似ている。スタイリッシュでスピード感に溢れ、走攻守全てでファンを魅了した。かつてニグロリーグは黒人だけでなく、アジア人やドミニカ人など多くの人種がプレーしていた」と説明。同博物館では1927年にはニグロリーグ選抜が日本に遠征し、試合をした記録も残っているそうで、日本と縁があったことも紹介している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集