[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、黄金対決ならず 棄権の盟友ナダルへ再戦願う「ラファ、早い回復を」

テニスのBNPパリバ・オープンは16日(日本時間17日)、男子シングルス準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)はラファエル・ナダル(スペイン)の棄権により、決勝進出を決めた。39度目の黄金カードは盟友の故障により、お預けに。フェデラーは自身のツイッターでナダルに対し、労いのメッセージを送っている。

ロジャー・フェデラー(左)とラファエル・ナダル【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー(左)とラファエル・ナダル【写真:Getty Images】

39度目の黄金カードはお預けに、ツイッターで「大一番が叶わずに残念」と投稿

 テニスのBNPパリバ・オープンは16日(日本時間17日)、男子シングルス準決勝でロジャー・フェデラー(スイス)はラファエル・ナダル(スペイン)の棄権により、決勝進出を決めた。39度目の黄金カードは盟友の故障により、お預けに。フェデラーは自身のツイッターでナダルに対し、労いのメッセージを送っている。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 世界のテニスファンが楽しみにしていた一戦は、インディアンウェルズの地で実現することはなかった。ナダルが右膝の痛み再発により棄権。フェデラーは戦わずして、ファイナルに駒を進めることになった。しかし、決勝進出の喜びより、盟友と戦うことができなかった無念が大きかったようだ。

 自身のツイッターで「大一番が叶わずに残念だけど、また戦える時が来るように。ラファ、早い回復を」と再戦を願った。過去に対戦した際、試合後にがっちりと握手を交わす名場面を動画付きでいくつも公開し、ファンに感動を誘っていた。フェデラーは37歳、ナダルは32歳。しかし、この2人ならきっとすぐに再戦の舞台を作ってくれると信じたい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集