[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西岡良仁の表情に注目 歓喜の決定的瞬間に大会公式が脚光「混じり気のない喜び」

テニスのBNPパリバ・オープンは11日(日本時間12日)、男子シングルス3回戦で世界ランク74位の西岡良仁(ミキハウス)が、同58位の18歳フェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)を6-7、6-4、7-6でフルセットの死闘の末に破り、2年ぶりのベスト16進出を決めた。大会公式は2時間56分の激闘を制した西岡の歓喜の瞬間の写真を公開。「混じり気のない喜び」と脚光を浴びせている。

ベスト16進出を決めた西岡良仁【写真:Getty Images】
ベスト16進出を決めた西岡良仁【写真:Getty Images】

アリアシムとの死闘を制した瞬間の表情に注目

 テニスのBNPパリバ・オープンは11日(日本時間12日)、男子シングルス3回戦で世界ランク74位の西岡良仁(ミキハウス)が、同58位の18歳フェリックス・オジェ・アリアシム(カナダ)を6-7、6-4、7-6でフルセットの死闘の末に破り、2年ぶりのベスト16進出を決めた。大会公式は2時間56分の激闘を制した西岡の歓喜の瞬間の写真を公開。「混じり気のない喜び」と脚光を浴びせている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 西岡が今大会屈指の激戦を制して、16強の舞台まで駆け上がった。今大会の台風の目と目されていた18歳のアリアシムとの死闘は第3セットのタイブレーク。相手のリターンがネットにかかってアウトになった。その瞬間、西岡は被っていた帽子を投げ捨て、両手でガッツポーズ。そして、相手と握手を交わすとみるみる笑みが広がっていった。

 大会公式ツイッターは、感情を爆発させる西岡の表情を捉えた3枚の写真を公式ツイッターで公開。「混じり気のない喜び」とタイトルをつけ、脚光を浴びせている。

 さらに、ATPも公式ツイッターで「ヨシヒト・ニシオカが成し遂げる!」と速報。投稿にはファンも「彼がやり遂げて良かった。素晴らしい試合だ」「彼は少し緊張していたが、決してあきらめなかった。素晴らしい勝利だ」などと称賛を浴びせていた。

 昨年怪我を乗り越えてツアー初Vを飾った西岡。今大会でもスポットライトを浴び始めている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集