[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂にも決められるか 世界65位、粘りの“芸術的ロブ”にWTA喝采「実行レベル100」

テニスのBNPパリバ・オープン(DAZN独占中継)は7日、女子シングルス1回戦で世界ランク65位クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)が同39位ゼン・サイサイ(中国)を7-5、6-2で下した。2回戦で大坂なおみ(日清食品)との対戦を決めた一戦で話題を呼んだのは、驚異の粘りから放った芸術的ロブショットだ。WTAが動画付きで紹介し、「ロブ実行レベル100」と称賛している。

クリスティナ・ムラデノビッチ【写真:Getty Images】
クリスティナ・ムラデノビッチ【写真:Getty Images】

2回戦で大坂と激突するムラデノビッチが決めた超美技に脚光

 テニスのBNPパリバ・オープン(DAZN独占中継)は7日、女子シングルス1回戦で世界ランク65位クリスティナ・ムラデノビッチ(フランス)が同39位ゼン・サイサイ(中国)を7-5、6-2で下した。2回戦で大坂なおみ(日清食品)との対戦を決めた一戦で話題を呼んだのは、驚異の粘りから放った芸術的ロブショットだ。WTAが動画付きで紹介し、「ロブ実行レベル100」と称賛している。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 こんな粘りで大坂を捉えにかかるか――。ムラデノビッチが圧巻の一撃を放ったのは第2セット、ワンブレークアップで迎えた第4ゲームだ。

 ムラデノビッチのサービスから始まったラリーは激しいストローク戦。しかし、一瞬の隙を突いてゼンがネットプレーに出て、バックサイドいっぱいから返したレシーブをボレーで逆サイドに振られる。万事休すか。そう思った瞬間だ。フォアサイドに猛ダッシュで走り、ギリギリで追いつき、拾い上げる。ただ、この時、しっかりとコートが見えていた。

 ネット際に出ていたゼンをあざ笑うかのように、がら空きの後方へ。しかもベースラインぎりぎりに落とす絶妙なタッチ。踵を返して懸命に追いかけたゼンも追いつくことができない。思わず、場内からどよめきと拍手が漏れた。WTA公式インスタグラムも「ムラデノビッチによる、ロブ実行レベル100」と動画付きで絶賛。圧巻の美技をプレーを伝えていた。

 ストレート勝ちを演じ、2回戦で大坂と激突するムラデノビッチ。2月のドバイ選手権では大金星を挙げている。2戦連続の激突で再現を狙う。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集