[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“神様”超えのレブロン、ハーフタイムの“男泣き”に広がる感動「史上最高の2人だ」

米プロバスケットボール(NBA)のレブロン・ジェームズ(レイカーズ)が6日(日本時間7日)のナゲッツ戦でマイケル・ジョーダンの通算3万2292点を抜き、歴代4位に浮上した。ハーフタイムに感極まり、顔を覆って男泣きするシーンをNBAが公式ツイッターで動画で公開。ファンにも感動が広がっている。

レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】
レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

ジョーダン超えを果たしたハーフタイムの涙が話題

 米プロバスケットボール(NBA)のレブロン・ジェームズ(レイカーズ)が6日(日本時間7日)のナゲッツ戦でマイケル・ジョーダンの通算3万2292点を抜き、歴代4位に浮上した。ハーフタイムに感極まり、顔を覆って男泣きするシーンをNBAが公式ツイッターで動画で公開。ファンにも感動が広がっている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

“キング”が“神様”を超えた。第2クオーター残り5分38秒の場面でレイアップシュートを決め、ジョーダンがマークした3万2292点を抜いた瞬間だった。

 この後のハーフタイムだ。感極まったレブロン。ベンチに腰かけたまま、タオルで顔を覆った。様々な思いがこみ上げたのだろう。なかなか顔を上げることはできなかった。

 NBAは「節目と向き合うレブロン・ジェームズ!」と題してこの一部始終を切り取った動画を公開。すると、ファンの間にも「MJとレブロンは史上最高の2選手だ、疑いようもなく」「コートの内外で史上最高」「十分値するよ、キング・ジェームズ」「グッジョブ、レブロン」「コービー、次は君だ」などと感動が広がっている。

 試合には敗れ、メモリアルゲームを勝利で飾ることはできなかったが、レブロンの心に一生残る試合になったに違いない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集