[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、V100達成後に「参加できて嬉しい」と喜んだ“たった2人のクラブ”は?

テニスのドバイ選手権は2日、男子シングルス決勝で世界ランク7位ロジャー・フェデラー(スイス)がステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-4、6-4で今季初優勝。ツアー大会史上2人目のシングルス通算100勝目を達成した。自身のインスタグラムでは100個目のトロフィーとの自撮りを公開し、およそ50万件の反響を集めていたが、史上唯一通算100勝を記録していた“孤高の達成者”ジミー・コナーズ氏の粋な祝福に対し、“後輩”のフェデラーも反応している。

通算100勝を達成したフェデラー【写真:Getty Images】
通算100勝を達成したフェデラー【写真:Getty Images】

109勝コナーズ氏の“3桁優勝者クラブ”入会に喜びを示す

 テニスのドバイ選手権は2日、男子シングルス決勝で世界ランク7位ロジャー・フェデラー(スイス)がステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-4、6-4で今季初優勝。ツアー大会史上2人目のシングルス通算100勝目を達成した。自身のインスタグラムでは100個目のトロフィーとの自撮りを公開し、およそ50万件の反響を集めていたが、史上唯一通算100勝を記録していた“孤高の達成者”ジミー・コナーズ氏の粋な祝福に対し、“後輩”のフェデラーも反応している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 コナーズ氏は「ロジャー・フェデラー、“3桁の”優勝者のクラブへようこそ。私は今まで少し寂しい思いをしていた。この場所で会えて嬉しいよ!」とツイート。70年~80年代に活躍した同氏にとって、長年に渡ってたった1人しかいなかった100勝以上のエリアに仲間入りする者が現れたことに喜びを示した。

 すると、これにフェデラーも反応した。「参加できて嬉しいよ」と返信し、2人目の“クラブ入会者”となったことに敬意を示した。幾多の名選手を輩出し、長い歴史を持つATPツアーにおいて100勝を達成したのは109勝のコナーズ氏とフェデラーのみ。いかに価値が高い偉業であるか、容易に想像できるだろう。

 フェデラーが初優勝したのは2001年で実に18年をかけ、歴史的快挙を果たした。その間、怪我が少なく、常にトップを走り続けてきたことの価値は大きい。37歳となったが、まだまだ実力は健在の王者。果たして、この記録をどこまで伸ばすことができるのか。フェデラーにとってはまだ、通過点に過ぎない。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集