[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カリー、“一人アリウープダンク”の衝撃拡大 380万再生大反響「信じられない」

米プロバスケットボール(NBA)のオールスターゲームが17日(日本時間18日)行われ、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)率いる「チーム・レブロン」が178-164でヤニス・アデトクンボ(バックス)率いる「チーム・ヤニス」に勝利を収めた。様々なスーパープレーが生まれた一戦だが、話題を集めているのは「チーム・ヤニス」の一員として出場したステフィン・カリー(ウォリアーズ)の“一人アリウープ”だ。NBAが公式インスタグラムで公開した動画の再生回数が、380万回を超えるなど、大反響を呼んでいる。

オールスターに「チーム・ヤニス」の一員として出場したステフィン・カリー【写真:Getty Images】
オールスターに「チーム・ヤニス」の一員として出場したステフィン・カリー【写真:Getty Images】

カリーの“一人アリウープダンク”の反響が拡大

 米プロバスケットボール(NBA)のオールスターゲームが17日(日本時間18日)行われ、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)率いる「チーム・レブロン」が178-164でヤニス・アデトクンボ(バックス)率いる「チーム・ヤニス」に勝利を収めた。様々なスーパープレーが生まれた一戦だが、話題を集めているのは「チーム・ヤニス」の一員として出場したステフィン・カリー(ウォリアーズ)の“一人アリウープ”だ。NBAが公式インスタグラムで公開した動画の再生回数が、380万回を超えるなど、大反響を呼んでいる。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 NBA屈指のシューターがオールスターの舞台で、衝撃のダンクで魅せた。第4クオーター。サイドでパスを受けたカリーは、ゴール方向へドリブルで大きくボールを弾ませると、そのバウンドに合わせて自ら高く跳び上がった。そして、体を捻りながら、ボールを両手で掴み、後ろ向きの体勢のままリングに叩き込んだのだ。

 圧巻の“一人アリウープ”。普段の冷静沈着にシュートを沈めるカリーの姿とはまた違う、豪快なダンクシーンをNBAが動画で公開。ファンへの衝撃は拡散している。

「ザ・ベストプレーヤー・オブ・ゲーム」
「ヤバい(笑)」
「信じられない」
「2020年のダンクコンテストの参加者だ」
「このダンクはコンテストでも優勝できただろう」
「ロケット」
「なんてこった」
「彼ならできるよ」

 公開から約20時間で動画の再生回数は380万を突破している。191センチとNBAプレーヤーとしては小柄なカリー。すでに史上有数のシューターとしての評価は確立しているが、ダンクでも沸かせたのだからさすがはスーパースターだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集