[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗、団体決勝で盟友と再戦「リベンジしたい」 女子決勝の注目ポイントは?

バドミントン「S/Jリーグ」のプレーオフであるトップ4トーナメントが16日にサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で開幕し、男子は3連覇を狙うトナミ運輸と最多18度(前身の日本リーグを含む)の優勝を誇るNTT東日本が、女子は日本ユニシスと再春館製薬所が翌17日の決勝に駒を進めた。

決勝進出を決めたNTT東日本・桃田賢斗【写真:平野貴也】
決勝進出を決めたNTT東日本・桃田賢斗【写真:平野貴也】

バドミントンS/Jリーグ、男子はトナミ運輸とNTT東日本が決勝で激突

 バドミントン「S/Jリーグ」のプレーオフであるトップ4トーナメントが16日にサイデン化学アリーナ(さいたま市記念総合体育館)で開幕し、男子は3連覇を狙うトナミ運輸と最多18度(前身の日本リーグを含む)の優勝を誇るNTT東日本が、女子は日本ユニシスと再春館製薬所が翌17日の決勝に駒を進めた。S/Jリーグは、2016年に日本リーグ1部の上位リーグとして新設された国内最高峰の団体戦。昨季まで日本リーグ同様に総当たり戦で行われていたが、今季は男女ともに2ブロックに分かれて総当たり戦を行い、各組上位2位がプレーオフに進出する形式で行われている。試合は、第1ダブルス、シングルス、第2ダブルスの順に行われ、先に2勝したチームが勝利する。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 男子は、決勝で男子シングルスの注目対決が実現する可能性が出てきた。NTT東日本の桃田賢斗と、トナミ運輸の西本拳太は、同じ94年生まれで日本A代表のチームメート。所属チームではエースシングルスを務める。実績では、昨年の世界選手権で初優勝を飾り、日本男子で初めて世界1位に上り詰めた桃田が上回るが、西本も世界ランク11位の実力者。今季初戦となった1月のマレーシアマスターズでは1回戦で桃田を破っている。

 桃田は「勝ちたいけど、全力を出し合って高め合っていければ良い(と思っている相手)。でも、明日はチームのために、リベンジしたい。西本選手は、トータルバランスの取れた選手で、簡単には勝てないでしょうし、長いラリーになると思うけど、気持ちで負けないようにプレーしたい」と雪辱を誓った。2つのダブルスでは、日本A代表2ペアを擁するトナミ運輸が圧倒的に優位だが、NTT東日本の齋藤太一、古賀輝も大卒2年目で力をつけており、ワンチャンスを狙う。チームの優勝には、桃田の勝利は必須と言える。桃田は「チーム一丸で臨まなければ勝利が見えてこない、厳しい戦い。絶対勝つという気持ちで、1点、1点、どん欲に取りに行きたい」と強い意欲を示した。トナミ運輸が勝てば3連覇、NTT東日本が勝てば2014年度以来4年ぶりで最多19度目の優勝となる。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集