[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「惑星最強のPFPパンチャー」 WBSS主催者も興奮「大注目の統一戦だ」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と戦うことが正式決定した。大会のプロモーターは「惑星最強のパウンド・フォー・パウンドパンチャーがグラスゴーにやってくる!」と井上を猛烈にプッシュしている。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

準決勝の日程決定にザワーランド氏も早くも興奮

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でWBA王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーでIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と戦うことが正式決定した。大会のプロモーターは「惑星最強のパウンド・フォー・パウンドパンチャーがグラスゴーにやってくる!」と井上を猛烈にプッシュしている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 世界のボクシングファンが首を長くして待った「The Monster」の次戦がついに決まった。

「確定 惑星最強のパウンド・フォー・パウンドパンチャーが5月18日にグラスゴーにやってくる。掛け値無しの大注目の統一戦だ! ナオヤ・イノウエ対ロドリゲスで、WBSSセミファイナルのダブルヘッダーは完成」

 WBSS公式サイトのみならず、大会のプロモーターを務めるカレ氏とニース氏のザワーランド兄弟は公式ツイッターでこう盛り上げた。

 26歳のロドリゲスも19戦全勝の世界王者。今大会最大のライバルと目されているが、プロモーターは井上の衝撃的なパンチ力を「惑星一」とまで称賛。リング誌選定の全17階級のボクサーの強さを格付けするPFPで6位につける「INOUE」こそが主役とばかりに、猛プッシュしている。

 カレ氏は昨年10月の元WBAスーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)を迎えたWBSS開幕戦で、わずか1ラウンド70秒で、キャリアで一度もKO負けを喫したことのなかった猛者をたった一度のワンツーで沈めた井上に心酔。試合後も「惑星最高のパンチャー」と絶賛していたが、その興奮が再び蘇っている様子だ。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集