[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、崩れ落ちた9秒間 “感動シーン”に米紙脚光「吐く息も残ってないよう」

フィギュアスケートの四大陸選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー世界最高となる197.36点をマーク。自己ベストの合計289.12点で大逆転Vを飾った。演技後、膝から崩れ落ちた印象的なシーンに米メディアも脚光。「吐く息も進む力も残ってないようだった」と表している。

四大陸選手権で優勝を飾った宇野昌磨【写真:Getty Images】
四大陸選手権で優勝を飾った宇野昌磨【写真:Getty Images】

演技後にリンクに手をついて立ち上がれず「体の中に吐く息も進む力も…」

 フィギュアスケートの四大陸選手権は9日(日本時間10日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の平昌五輪銀メダリストの宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリー世界最高となる197.36点をマーク。自己ベストの合計289.12点で大逆転Vを飾った。演技後、膝から崩れ落ちた印象的なシーンに米メディアも脚光。「吐く息も進む力も残ってないようだった」と表している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 すべてを出し尽くした。それを象徴するようなシーンだった。宇野は迫真の4分間を演じ切ると、思わず膝の力が抜けたかのように崩れ落ち、両手両膝を氷についた。右足首に不安を抱えながら演じた魂の演技。ホンダセンターに大歓声が響き渡る中、宇野はおよそ9秒立ち上がることができなかった。死力を尽くした証しだった。そんな姿に開催国の米メディアも注目した。

 米紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「日本のショウマ・ウノが四大陸選手権でタイトルへ躍動」と見出しを打って特集。「ショウマ・ウノはベートーベンの『月光』に乗せた完璧に近い演技を終えた時にホンダセンターの氷上にひざまずいた」と演技後の様子に脚光を浴びせた上で「まるで、彼の体の中に吐く息も進む力も残ってないようだった」と迫真ぶりを表現している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集