[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

多田修平の“9秒台”に新旧100m戦士も反応 桐生「俺がいないと日本は追い風だ(笑)」

陸上の日本学生個人選手権は第2日目の10日、多田修平(関西学院大)が男子100メートル準決勝で、追い風4.5メートルの参考記録ながら国内レース初の日本人9秒台となる9秒94をマークした。瞬く間に時の人となった20歳は、ツイッターで「自分でもびっくりしました」と投稿。「浮かれず、日本選手権に向けて追い込んでいきます!!」と次なる戦いでの活躍を誓った。

日本学生個人選手権、追い風参考記録ながら国内初の“9秒台”が誕生

 陸上の日本学生個人選手権は第2日目の10日、多田修平(関西学院大)が男子100メートル準決勝で、追い風4.5メートルの参考記録ながら国内レース初の日本人9秒台となる9秒94をマークした。瞬く間に時の人となった20歳は、ツイッターで「自分でもびっくりしました」と投稿。「浮かれず、日本選手権に向けて追い込んでいきます!!」と次なる戦いでの活躍を誓った。

 日本陸上界に新星が現れた。男子100メートル準々決勝、スタートから飛び出した多田は持ち前の加速力で中盤からギアチェンジ。後続を突き放し、一気に駆け抜けた。記録ボードに「9.94」の数字が表示されると、スタンドからは大きな歓声が起こり、多田も笑顔でガッツポーズを見せた。

 追い風参考記録とはいえ、日本人では桐生祥秀(東洋大・9秒87)、ケンブリッジ飛鳥(ナイキ・9秒98)に次ぐ3人目の9秒台。国内大会では初の快挙に、「追参(追い風参考)ですが、国内初の9秒台。自分でもびっくりしました」と綴り、日本学生陸上競技連合にも「準決勝のタイムは自分では出るとは思っていなかった」とのコメントを寄せている。

 多田は続く決勝でも、10秒08の好記録をマークして優勝。8月にロンドンで行われる世界選手権の参加標準記録(10秒12)をクリアし、代表入りに名乗りを上げた。大会後には、「本当に嬉しかったのが、決勝10秒08で世界選手権標準記録突破」と喜びを表し、「本当に応援ありがとうございました」とサポートに感謝した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集