[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全仏V10王手のナダル、セミファイナル圧勝の中で見せた気遣い

男子テニスの世界ランク4位のラファエル・ナダル(スペイン)が全仏オープン準決勝で同7位のドミニク・ティエム(オーストリア)に6-3、6-4、6-0と圧巻のストレート勝ちを収めた。決勝では、準決勝で同1位のアンディ・マレー(英国)を破った同3位のスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦する。史上最多10度目の全仏制覇を目指すナダルは自身のプレーに手応えを示す一方、敗れたティエムを思いやる言葉を残している。大会公式サイトが伝えている。

ナダルが準決勝ストレート勝ち、決勝ではワウリンカと激突

 男子テニスの世界ランク4位のラファエル・ナダル(スペイン)が全仏オープン準決勝で同7位のドミニク・ティエム(オーストリア)に6-3、6-4、6-0と圧巻のストレート勝ちを収めた。決勝では、準決勝で同1位のアンディ・マレー(英国)を破った同3位のスタン・ワウリンカ(スイス)と対戦する。史上最多10度目の全仏制覇を目指すナダルは自身のプレーに手応えを示す一方、敗れたティエムを思いやる言葉を残している。大会公式サイトが伝えている。

 ワウリンカとマレーの準決勝は4時間半にも及ぶフルセットの死闘となった。一方、ナダルは前哨戦のBNLイタリア国際準々決勝で今季唯一クレーコートで敗れていたティエムを2時間7分で撃破し、決勝進出を決めた。

 ナダルは大会公式サイトのレポートの中で「いつもより少しナーバスな立ち上がりだった。でも、そこからいいプレーができたと思う」と試合内容に手応えを示す一方、「ドミニクがいつも以上にミスが多かったかもしれない。コート上の風が強かった。そして、彼はこの試合までにセンターコートでプレーしていなかった。それがもしかすると不利に働いたのかもしれない」と敗者を思いやっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
FitStats
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集