[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗「今年のテーマはスピード」 収穫強調も課題は…「どこまで持続できるか」

2019年の桃田は、スピードを上げて攻めていく。今季最初の海外遠征に出ていたバドミントン日本代表が28日に帰国し、インドネシアマスターズで準優勝した男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、スピードアップの向上に手ごたえを示した。

スピードアップの向上に手ごたえを示した桃田賢斗【写真:平野貴也】
スピードアップの向上に手ごたえを示した桃田賢斗【写真:平野貴也】

インドネシアマスターズでは強豪を連破

 2019年の桃田は、スピードを上げて攻めていく。今季最初の海外遠征に出ていたバドミントン日本代表が28日に帰国し、インドネシアマスターズで準優勝した男子シングルスの桃田賢斗(NTT東日本)は、スピードアップの向上に手ごたえを示した。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 桃田は、今季初戦となったマレーシアマスターズ(1月15~20日)で初戦敗退。同世代の西本拳太(トナミ運輸)との日本勢対決に敗れ、思わぬ黒星スタートとなった。しかし、桃田は「1週目は、ちょっと準備不足。休養からの切り替えがうまくできなかった。同級生である西本選手に負けて目が覚めた」と話したとおり、翌週のインドネシアマスターズ(1月22~27日)では、順調に勝利を重ねて準優勝した。

 準々決勝では、昨年2度敗れたアンソニー・シニスカ・ギンティン(インドネシア)にストレート(21-9、21-10)で圧勝。準決勝は、昨年9月に奪うまで世界ランク1位に君臨していたビクター・アクセルセン(デンマーク)を21-15、21-4で圧倒した。特に、スピードが武器でハイペースのラリーに持ち込むギンティンは、日本代表の朴柱奉ヘッドコーチも警戒対象に名前を挙げる、桃田が苦手とするタイプの選手だが、相手の地元で完勝した。桃田は「スピードを今年のテーマにしている。アンソニー選手とのスピード勝負でも良いプレーができたと思っているし、準決勝でも良いパフォーマンスができて、その面では収穫があった」と手ごたえを示した。

 残念ながら、決勝戦では若手有望株である21歳のアンダース・アントンセン(デンマーク)に1-2(16-21、21-14、16-21)で敗れ、今季初タイトルは逃したが「あのスピードをどこまで持続できるか。(ファイナルゲームまでもつれ込んだ)決勝では約80分の試合でバテてしまったので、あれを100分、120分続けられるように、またイチから土台を作っていきたい。多分、決勝では緊張もあって、いつもより力が入り、うまく取り組むことができなかった。次のドイツオープンに向けて準備したい」とさらなる上積みに意欲的だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集