[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

桃田賢斗「今年のテーマはスピード」 収穫強調も課題は…「どこまで持続できるか」

スピードには手応えも、課題は持続性と耐久力

 桃田は、世界トップクラスの技術を誇り、特にレシーブを得意としている。攻めてくる相手が連続攻撃をイメージしたところで、ネット前へ鋭くシャトルを落とし、攻守交代に持ち込む。しかし、世界選手権を制して世界ランク1位にもなった昨季の終盤からは、ネット前へのショットを警戒されて苦戦する場面も見られた。レシーブからの展開だけでなく、自ら攻めて点を取る姿勢も見せなければ、勢いに乗った相手に押し切られるパターンが生まれることは否定できない。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 その点、フットワークや打球のスピードを上げて、相手に攻撃のチャンスを与えない戦い方で強敵を圧倒できたことは収穫だ。一方、1時間を超えた決勝戦で競り負けたことで、スピードを上げて戦った場合の持続性、耐久力という新たな課題も見えてきた。

 次戦は、2月26日開幕のドイツオープンを予定。続けて翌週の全英オープンに出場する。今回出場したマレーシア、インドネシアの大会は、BWF(国際バドミントン連盟)ワールドツアーのスーパー500。ドイツは、スーパー300。全英は、最上級のスーパー1000の格付けで、今季最初のビッグイベントとなる。高めたプレースピードを持続させ、最後まで勝ち切れるか。2020年東京五輪に向けた進化を図る。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集