[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マレー惜別、ジョコとの13年前の初対戦にファン感動の嵐「今までで最もワクワクした」

男子テニスで今季限りで引退を表明し、全豪オープン1回戦で敗退した元世界ランク1位アンディ・マレー(英国)。一時代を築いた「BIG4」の一角には、各所から別れを惜しむメッセージが送られているが、ATP公式中継サイト「テニスTV」では2006年のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との初対戦に脚光を浴びせ、凄まじいラリーの応酬を動画で公開。ファンからは「何て美しいポイントだ」「これは今まで見た中で最もワクワクした」と郷愁を誘っている。

テニスTV公式がマレー(左)とジョコビッチの初対戦を紹介している【写真:Getty Images】
テニスTV公式がマレー(左)とジョコビッチの初対戦を紹介している【写真:Getty Images】

テニスTVが2006年のマレーとジョコビッチの初対戦に脚光

 男子テニスで今季限りで引退を表明し、全豪オープン1回戦で敗退した元世界ランク1位アンディ・マレー(英国)。一時代を築いた「BIG4」の一角には、各所から別れを惜しむメッセージが送られているが、ATP公式中継サイト「テニスTV」では2006年のノバク・ジョコビッチ(セルビア)との初対戦に脚光を浴びせ、凄まじいラリーの応酬を動画で公開。ファンからは「何て美しいポイントだ」「これは今まで見た中で最もワクワクした」と郷愁を誘っている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 マレーとジョコビッチ――。1987年生まれの同級生で、誕生日はわずか1週間違い。一方はコートを去ることを決めたが、もう一方は華麗な復活を遂げ、再び世界ランク1位に君臨している。数々の名勝負を繰り広げてきた両者だが、初対戦は2006年のマドリード・オープンだった。

 当時10代だった2人が演じたハイレベルな応酬は今見てもまさに圧巻の一言だ。マレーのサーブから始まったラリー。ジョコビッチはドロップショットを繰り出すが、これに対してマレーも懸命に食らいつく。ネット際で激しい攻防を続けた後には、ジョコビッチが頭上を抜くロブ。懸命に返すマレー。ジョコビッチが優勢かと思われたが、最後はマレーが強烈なバックハンドでのパッシングショットを決め、ポイントをもぎ取ったのだ。これには観戦に訪れていたデイビッド・ベッカム(当時レアル・マドリード)も拍手を送っていた。

 テニスTVは「2006年マドリード ノバク・ジョコビッチとアンディ・マレーのツアーレベルでの最初の試合だ」とつづって公開。試合は結局ジョコビッチが逆転勝ちしたが、若い2人が最後に握手を交わすシーンは実に感慨深いものがある。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集