[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂から錦織へ― “お茶目なナオミ節”に海外ファン歓喜「最高に愉快だ」

テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利した。2セット連取の快勝ムード一転、3時間48分という死闘の影響を受けたのは直後に同じコートで女子シングルス2回戦を戦った同4位の大坂なおみ(日清食品)だった。2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた錦織にかけたお茶目な“ナオミ節”に、海外のファンは「どうしようもなく愛している」「最高に愉快だ」「偉大な個性」と絶賛している。

錦織(右)にかけた“お茶目なナオミ節”が話題を呼んでいる【写真:Getty Images】
錦織(右)にかけた“お茶目なナオミ節”が話題を呼んでいる【写真:Getty Images】

大会公式が2人の関係性に注目

 テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利した。2セット連取の快勝ムード一転、3時間48分という死闘の影響を受けたのは直後に同じコートで女子シングルス2回戦を戦った同4位の大坂なおみ(日清食品)だった。2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた錦織にかけたお茶目な“ナオミ節”に、海外のファンは「どうしようもなく愛している」「最高に愉快だ」「偉大な個性」と絶賛している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 日本のテニスファンにとっては垂涎の展開だった。メルボルンのマーガレット・コート・アリーナで男子のエース錦織が劇的な勝利を飾った後、昨年の全米オープンで日本人史上初のグランドスラム優勝の偉業を果たした大坂がバトンを受け継ぐように登場した。

 全豪オープン公式ツイッターでは、これから試合に臨む大坂が激闘を終えたばかりの錦織にかけた何ともお茶目な一言に注目している。

「彼女がコートに入る前に、ナオミはケイになんと言ったのか? 『すまないけど、ちょっと空けてもらえないかしら、という感じだった。とても、とても長い試合だったから、私は4回もウォーミングアップをしなければいけなかったの。感謝しているわ』」

 序盤に2セットをテンポ良く先取した錦織。スピード決着も予想されたが、そこからは2セット連続でタイブレークの末に失い、10ポイントタイブレークに突入した最終セットは1時間の激闘となった。

 よもやの展開で4回もウォーミングアップをやり直したという大坂は、独特なユーモアで錦織を労っていたのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集