[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織が「59回の爆撃に耐えた」 海外メディアは忍耐力に拍手「再び中心の1人に」

テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。今大会最長身のクロアチアのビッグサーバーからサービスエース59本を許したが、海外メディアは「59回の爆撃に耐えた」「中心の1人に躍り出た」と忍耐力を評価している。

カロビッチ(左)との死闘を制した錦織【写真:Getty Images】
カロビッチ(左)との死闘を制した錦織【写真:Getty Images】

59本のサービスエースを浴びながらも耐え抜いた姿に海外称賛

 テニスの4大大会・全豪オープンは17日、男子シングルス2回戦を行い、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)は同73位のイボ・カロビッチ(クロアチア)と対戦。6-3、7-6、5-7、5-7、7-6で勝利し、2017年以来2大会ぶりに3回戦進出を決めた。今大会最長身のクロアチアのビッグサーバーからサービスエース59本を許したが、海外メディアは「59回の爆撃に耐えた」「中心の1人に躍り出た」と忍耐力を評価している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 錦織が苦手とするビッグサーバー・カロビッチ。最速210キロを叩き出した高速サービスに苦しめられた。

 サービスエースは錦織の9本に対して、カロビッチは59本。2セットを先取しながら、第3、4セットとブレークできず、フルセットにまで持ち込まれた。

 10ポイントタイブレークを凌ぎ切った錦織は勝利後のオンコートインタビューでカロビッチのサービスエースの本数に「ほとんど僕の1年分のエースの本数ですね」とジョーク交じりに脱帽するほどだった。

 そんな苦闘を勝ち抜いた錦織を、海外メディアも評価。スペイン地元紙「AS」電子版では「ニシコリがカロビッチの爆撃に耐える!59本のサービスエース」と特集した。

「数々の怪我を乗り越え、テニス界のエリートの座を再び取り戻した。ニシコリは再び全豪オープンの中心の1人に躍り出た」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集