[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

那須川天心、挑戦状送った新星との激突を米メディア期待「未来の偉大なる見本市に」

格闘技イベント「RIZIN.14」でボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)にTKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。米ボクシング界の誇る超新星は「テンシン、かかってこいや!」と対戦を要求しているが、米メディアでは「未来の偉大なる見本市になるかもしれない」と20歳の新鋭対決待望論も浮上している。

那須川天心、ライアン・ガルシア【写真:Getty Images】
那須川天心、ライアン・ガルシア【写真:Getty Images】

天心とガルシアの激突を米メディアは期待

 格闘技イベント「RIZIN.14」でボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)にTKO負けを喫したキックボクシングの那須川天心(TARGET)。米ボクシング界の誇る超新星は「テンシン、かかってこいや!」と対戦を要求しているが、米メディアでは「未来の偉大なる見本市になるかもしれない」と20歳の新鋭対決待望論も浮上している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 大晦日のリングでメイウェザーに敗れた那須川。英国では格闘専門番組で放送され、SNSやネット上で動画が拡散したことで「テンシン・ナスカワ」の名は知れ渡ることになった。

 MMA(総合格闘技)界の大物コナー・マクレガー(アイルランド)に続き、米国の超新星も対戦を要求したことを受け、米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」は「ライアン・ガルシアは、テンシン・ナスカワに対してコナー・マクレガーを差し置き、彼と戦うべきと発言」と特集している。

 大物プロモーターのオスカー・デ・ラ・ホーヤ氏の秘蔵っ子で、WBC世界スーパーフェザー級8位の20歳のプロスペクト、ライアン・ガルシア(米国)は米メディア「TMZスポーツ」の直撃取材で挑戦状を叩きつけていた。

「自分は彼の試合を見たんだ。テンシンだ。メイウェザーと戦っていたけれど、彼も20歳。最高の試合になると思うんだ」と名指しした上で「テンシン・ナスカワと戦いたいのか? Bring it on!(かかってこいや!)テンシンは日本のライジングスターだから、自分との戦いには意味があるんじゃないかな。彼は日本の新星で、オレもここ(米国)では同じだ。戦いたいね!」とまで言い切っていた。

 かつてメイウェザーとボクシングルールで敗れていたマクレガーもツイッターで挑戦状を送っていたが、記事ではマグレガーではなく、自分こそが天心の相手とガルシアが強調していたと注目している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集