[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔、情熱の国も復活劇を称賛「間違いなく朗報」「SPの偉大なクオリティ」

フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し見事に史上12人目の3連覇を達成した。SP2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点、合計239.62点で2位。イタリアメディアでは復活の舞台で表彰台にたどり着いた高橋について、「間違いなく朗報」「偉大なクオリティのSPのおかげで2位に」と称賛している。

5年ぶりの全日本選手権で2位に入った高橋大輔【写真:Getty Images】
5年ぶりの全日本選手権で2位に入った高橋大輔【写真:Getty Images】

イタリアメディアも注目する高橋の復活

 フィギュアスケートの全日本選手権は24日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)は187.04点をマークし、合計289.10点。シーズンベストを更新し見事に史上12人目の3連覇を達成した。SP2位の高橋大輔(関大KFSC)が151.10点、合計239.62点で2位。イタリアメディアでは復活の舞台で表彰台にたどり着いた高橋について「間違いなく朗報」「偉大なクオリティのSPのおかげで2位に」と称賛している。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 華麗なステップで大阪の夜を沸かせた高橋。イタリアのスポーツ専門メディア「OAスポルト」も全日本選手権の特集で、レジェンドの凱旋を伝えている。

「間違いなくポジティブな要素をもたらしたのは、現役復帰を果たしたダイスケ・タカハシだ。偉大なクオリティを湛えた、優れたSPのおかげで2位となったのだ」

 記事では5年ぶりに競技生活に復帰したバンクーバー五輪銅メダリストの高橋に脚光。優雅なステップなど高い芸術性も示した復活を、情熱の国イタリアのメディアも歓迎していた。

 一方、右足首の負傷を乗り越えて3連覇を達成した宇野については「明らかな優勝」「フィジカルの問題でフリーをシンプルなものにしたが、最良の手段で試練を乗り越えた」と高く評価していた。

(THE ANSWER編集部)

3/7~18【ダゾーン独占中継】BNPパリバ・オープン

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集