[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、“悪夢の4分間”も重鎮タラソワ氏は擁護「生身の人間で、機械ではない」

フィギュアスケートのロシア選手権(サランスク)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワは2度の転倒が響いて131.41点と得点は伸びず、合計212.03点でまさかの5位に終わった。優勝した14歳アンナ・シェルバコワら、年下のジュニア勢に表彰台独占を許した女王に対し、現地の中継で解説を務めたロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は「私は彼女を全くとがめない。彼女はもう力を振り絞れなかった」と慮っている。

ロシア選手権5位でまさかの5位に沈んだザギトワ【写真:Getty Images】
ロシア選手権5位でまさかの5位に沈んだザギトワ【写真:Getty Images】

まさかの陥落もロシア重鎮は愛ある言葉「私は彼女を全くとがめないわ」

 フィギュアスケートのロシア選手権(サランスク)は22日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワは2度の転倒が響いて131.41点と得点は伸びず、合計212.03点でまさかの5位に終わった。優勝した14歳アンナ・シェルバコワら、年下のジュニア勢に表彰台独占を許した女王に対し、現地の中継で解説を務めたロシアの重鎮タチアナ・タラソワ氏は「私は彼女を全くとがめない。彼女はもう力を振り絞れなかった」と慮っている。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 まさかのシーンだった。2度の転倒など精彩を欠き、演じ切ると視線を落としたザギトワ。ロシア国営放送で解説を務めていたタラソワ氏は「何が起こったのでしょう?」と声を上げた。「疲れていた、疲れている。(シェルバコワら)子供たちがリンクに出て行って4回転ジャンプを跳ぶ……これは否が応でも心理面に影響を与える」と重圧の中で演じた16歳を慮り、「環境の変化に慣れるのに大変だったのでしょう」とも語った。

「なぜなら、向こうからやってきたばかりで、またスケート靴を履いて……全く休む時間がなかった、全くよ。GPファイナルとロシア選手権はとても近い。私は彼女を全くとがめない。彼女はもう力を振り絞れなかった。昨日は(何とか)力を振り絞ったが。何かがうまくいかなかった。だって彼女たちは生身の人間で、機械ではないから」と話し、GPファイナルのカナダから強行軍で出場した疲労を敗因に挙げた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集