[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔、32歳の“華麗なる復活劇”に海外メディア賛辞「新たな旅の目撃者になれた」

 フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季現役復帰した高橋大輔(関大KFSC)は復帰後自己ベストとなる88.52点で2位発進。バンクーバー五輪銅メダリストの華麗なるカムバック劇に対し、海外メディアも「彼の新たな旅の目撃者になれた」と賛辞を送っている。

高橋大輔【写真:Getty Images】
高橋大輔【写真:Getty Images】

5年ぶり全日本に喝采「よく帰ってきた、ダイスケ・タカハシ。これは喜びだ」

 フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は22日、男子ショートプログラム(SP)が行われ、今季現役復帰した高橋大輔(関大KFSC)は復帰後自己ベストとなる88.52点で2位発進。バンクーバー五輪銅メダリストの華麗なるカムバック劇に対し、海外メディアも「彼の新たな旅の目撃者になれた」と賛辞を送っている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 5年ぶりに帰ってきた全日本の大舞台で輝いた。高橋は大きく息を吐いて滑り出すと、冒頭の3回転アクセルを決め、勢いに乗った。3回転フリップ―3回転トウループ、3回転ルッツも着氷。かつてと変わらない美しいステップ、スピンで会場を惹き込んで演じ切ると、会場からスタンディングオベーションが沸き起こり、高橋も感激の表情を浮かべた。

 ひと周り以上、年が離れた選手とも競い合い、見事に2位発進。ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」公式ツイッターは「同じ空の下で、この偉大なチャンピオンと味わう喜び。彼の新たな旅の目撃者になれた。よく帰ってきた、ダイスケ・タカハシ。これは喜びだ」と賛辞をつづった。

 米国の名物コラムニスト、ジャッキー・ウォン氏も「最初の3Aで少しだけひやりとさせたが、日本のダイスケ・タカハシは素晴らしい持ち直しを見せた」とツイートし、歴戦の経験でまとめた内容を高く評価。バンクーバー五輪銅メダリストが演じた美しい演技は海を越え、海外にも反響をもたらしていた。

(THE ANSWER編集部)

プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信

インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集