[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4年ぶり優勝のタカマツ、ビッグタイトルも通過点強調 「東京五輪でV2が最後の目標」

世界のトップ8が集まる大会で、タカマツが強さを見せつけた。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は16日に最終日を迎え、女子ダブルスの決勝戦は、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が2-0(21-12、22-20)でイ・ソヒ、シン・ソンチャン組(韓国)を破って4年ぶり2度目の優勝を飾った。

4年ぶり2度目の優勝を飾った高橋礼華、松友美佐紀組【写真:Getty Images】
4年ぶり2度目の優勝を飾った高橋礼華、松友美佐紀組【写真:Getty Images】

変幻自在の戦いぶりで4年ぶりの優勝

 世界のトップ8が集まる大会で、タカマツが強さを見せつけた。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は16日に最終日を迎え、女子ダブルスの決勝戦は、高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)が2-0(21-12、22-20)でイ・ソヒ、シン・ソンチャン組(韓国)を破って4年ぶり2度目の優勝を飾った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 相手は、ともに170センチを超える長身ペア。準決勝では、世界選手権優勝の松本麻佑、永原和可那組(北都銀行)にグループリーグで敗れたリベンジを果たしている。しかし、変幻自在の高橋、松友組は、相手の特長を封じる戦いで第1ゲームを圧勝。第2ゲームは、相手コートの奥へ追いやるクリアショットが何度もアウトになり、チャンピオンシップポイントを取った後に4連続失点で20-20と追いつかれたが、映像再判定が効いた。

 強打をレシーブした球が相手コートの奥に飛び、審判の判定はアウト。しかし「ずっと点数を取られていて、線審の判断も少し(決断まで)間があったような気がしたので、どっちにしても流れを変えるために」(松友)と映像による再判定を求めるチャレンジをコール。インと再判定されて、王手をかけた。まったく落下点が見えていなかったという高橋は「めっちゃ、ラッキーって言っちゃった」と、救われた1点を笑顔で振り返った。最後は、ラリーの中から相手のいないスペースを突いて主導権を握り、松友がネット前から相手コートへシャトルをたたき落とした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集