[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

遠藤&渡辺、ペア歴2年での準優勝に手応え 「上の選手とやっても面白くなる」

リオデジャネイロ五輪の後に組み始めたペアが、世界の舞台で手ごたえを残した。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は16日に最終日を迎え、男子ダブルスの決勝戦に臨んだ遠藤大由、渡辺勇大(日本ユニシス)は、0-2(15-21、11-21)で世界選手権優勝のリ・ジンフイ、リュウ・ユチェン組(中国)に敗れた。遠藤は、リオ五輪まで組んでいた早川賢一とのペアで出場歴があるが、渡辺とのペアでは初出場。組み始めて2年で世界のトップペア8組が集う大会で成果を挙げた。

世界の舞台で手ごたえを残した遠藤大由、渡辺勇大組【写真:Getty Images】
世界の舞台で手ごたえを残した遠藤大由、渡辺勇大組【写真:Getty Images】

力及ばずも準優勝も「このレベルの大会で2位は、素直に嬉しい」

 リオデジャネイロ五輪の後に組み始めたペアが、世界の舞台で手ごたえを残した。バドミントンの国際大会「BWFワールドツアーファイナルズ」(中国、広州)は16日に最終日を迎え、男子ダブルスの決勝戦に臨んだ遠藤大由、渡辺勇大(日本ユニシス)は、0-2(15-21、11-21)で世界選手権優勝のリ・ジンフイ、リュウ・ユチェン組(中国)に敗れた。遠藤は、リオ五輪まで組んでいた早川賢一とのペアで出場歴があるが、渡辺とのペアでは初出場。組み始めて2年で世界のトップペア8組が集う大会で成果を挙げた。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 決勝戦では、序盤こそ試合のペースを引き寄せたが、中盤以降は突き放された。渡辺は「1ゲーム目の前半は良かったけど、後半は僕の球が単調になって、イージーな球になってしまい、もったいなかった」と振り返った。相手は、ともに身長190センチを超え「ツインタワー」の異名を取る長身ペア。攻撃的な球を打っても長いリーチで強く跳ね返され、押し込まれて高く返す球を打てば、高い打点から打ち下ろすスマッシュの嵐にさらされた。しかし、それでも遠藤、渡辺が打ち返し、会場は沸いた。遠藤が完全に倒れた状態で返球する場面もあった。結果的に、力は及ばなかったが、2人のペアとしては初出場で準優勝。収穫はあった。

 遠藤は「このレベルの大会で2位は、素直に嬉しい。いろいろな発見があった。このパフォーマンスなら、この成績が付いてくるというのであれば(自分たちには世界のトップでやっていける)可能性ややりがいがある。今大会は、すごくレシーブの調子が良かった。これを最低限のレベルにできれば、上の選手とやったときに面白くなるんじゃないかと思う」とレシーブ力の確立に突破口を見出していた。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集