[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

遠藤&渡辺、ペア歴2年での準優勝に手応え 「上の選手とやっても面白くなる」

東京五輪へ世界選手権銀ペアのソノカムペアと切磋琢磨

 ともにフットワークの力があり、プレー範囲が広い。相手に主導権を握られ続ける展開を避けられれば、打開策は見えてくる。混合ダブルスと2種目で出場した渡辺は、5日間で9試合をプレー。疲労していないわけがないが、影響については頑なに否定し、最後まで奮闘し続けた。

【特集】“没頭力”が唯一無二の武器 競技歴6年、世界一の裏にある「飽きない」力 / スケートボード・四十住さくらインタビュー(GROWINGへ)

 日本の男子ダブルスは、長らく遠藤、早川組がけん引役を務めて来たが、リオ五輪後に早川が引退。遠藤は渡辺とペアを組んだが、成績面でも世界ランクでも、当時2番手だった園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が先頭に立ち、今夏の世界選手権で銀メダルを獲得するなど、新たなリーダーとして活躍してきた。

 しかし、今季は遠藤、渡辺がシーズンを通して成績を残し、ツアーランク7位で今大会に出場を果たし、銀メダル。ダブルエースが切磋琢磨する時代になりそうだ。来年は、2020年東京五輪の出場権を争う五輪レースが5月から始まる。楽しみなペアが、一つ増えた。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集