[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3階級制覇のカネロ、ゴロフキンとの第3戦に言及 「人々が望むなら、実現させる」

ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、ミドル級2団体王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝。3階級制覇を成し遂げた。試合後のリング上ではゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との第3戦に言及。「人々がそれを望むなら、実現させることができる」と前向きにコメントしている。

カネロこと、サウル・アルバレス【写真:Getty Images】
カネロこと、サウル・アルバレス【写真:Getty Images】

圧勝で3階級制覇に成功のカネロはゴロフキンとの第3戦に言及

 ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、ミドル級2団体王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝。3階級制覇を成し遂げた。試合後のリング上ではゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との第3戦に言及。「人々がそれを望むなら、実現させることができる」と前向きにコメントしている。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

 圧勝ぶりを物語っていた。傷一つない顔で勝ち名乗りを上げたカネロ。高々と両手を掲げた腰には3本目のベルト。そして、にやりと安堵の笑みをこぼした。

 あのゴロフキンとの再戦から3か月。カネロが圧勝でスーパーウエルター級、ミドル級に続く3階級制覇を達成した。初体験のスーパーミドル級。身長、リーチともに10センチ以上相手の方が上回っていたが、内容では圧倒した。

 初回にダウンを奪うと、2回にも2度目のダウン。3回には2度ダウンを奪ったところでレフェリーが試合をストップ。185センチの長身フィールディングに何度も強烈なボディーを叩き込み、まさにワンサイドでの勝利だった。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集