[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥参戦のWBSS消滅回避か ギャラ未払い解消へ、米記者続報「偉大なニュースだ」

ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦予定となっているWBA王者・井上尚弥(大橋)。米ボクシング専門誌「リング」は出場選手へのギャラ未払いなどで、3階級の準決勝6試合の中止危機を報じて大きな波紋を広げたが、第一報を報じたコラムニストが主催者側の状況改善についてレポート。「ボクシングにとっての偉大なニュースだ」と評価している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

第一報を報じた米リング誌記者が状況改善をレポート「主催者が軌道修正へ」

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦予定となっているWBA王者・井上尚弥(大橋)。米ボクシング専門誌「リング」は出場選手へのギャラ未払いなどで、3階級の準決勝6試合の中止危機を報じて大きな波紋を広げたが、第一報を報じたコラムニストが主催者側の状況改善についてレポート。「ボクシングにとっての偉大なニュースだ」と評価している。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 ボクシング界最強王者を決する一大イベントは最悪の事態を乗り越えようとしている。WBSS中止危機のニュースをリング誌で報じたマイク・コッピンガー記者は自身のツイッターで「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズの主催者たちが水面下で問題解決のために動き、大会を軌道修正しようとしている。ボクシングにとっての偉大なニュースだ」

 シーズン2を迎えたWBSSが危機的状況を回避し、継続の方向に動き出したことをレポートしている。10月に超満員の横浜アリーナで華々しく幕を開けた今大会。バンタム級の開幕戦では、井上が開始わずか70秒で元WBAスーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)相手にノックアウト勝ちを収め、世界中に大きなニュースを発信した。

 しかし、今月に入ってリング誌は大会の株主同士が出資比率を巡り、対立を深めた結果、打ち切りの危機に直面し、出場24選手のうち、12選手に対してギャラ未払いにあると報じていた。同氏は「準決勝計画には依然として多くの調整事項は残されているが、今ではファイターに給与が支払われ、会場が確定する望みが存在する」とツイッターで続報している。

 井上とロドリゲスという若き無敗王者対決は来年必見のメガマッチと期待されている。WBSS続行となれば、ボクシングファンにとって何よりの朗報になりそうだ

(THE ANSWER編集部)

GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集