[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】大谷翔平、規格外の“センター前二塁打”に米仰天「やれやれ、ハッスルダブルだ」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は5月に米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が演じた“センター前二塁打”だ。投手を強襲して二遊間を受けた中前打に快足を飛ばして二塁打に。打つ、投げるだけじゃない、非凡な走塁センスを見せつけた瞬間を「MLB Replay」が動画付きで公開し、話題を呼んだ。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―5月に演じた驚異の走塁が話題に

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は5月に米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が演じた“センター前二塁打”だ。投手を強襲して二遊間を受けた中前打に快足を飛ばして二塁打に。打つ、投げるだけじゃない、非凡な走塁センスを見せつけた瞬間を「MLB Replay」が動画付きで公開し、話題を呼んだ。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 大谷が今年メジャーで見せつけたのは打つ、投げるだけじゃない。走っても魅せた。インパクトを与えた一つのプレーが5月24日(日本時間25日)の敵地ブルージェイズ戦だった。

 7-1とリードし、9回2死走者なしで迎えた第5打席だ。右腕・マグワイヤの初球を捉えた。投手を強襲した打球は、追いかけた二遊間を抜け、そのままセンターやや右寄りにゴロで転がった。失速していく打球に対し、やや左寄りに守っていた中堅手がチャージして処理する。そして、中堅手が顔を上げた次の瞬間だった。

 大谷はセンター前の打球にも関わらず、一塁を蹴って二塁に向かったのだ。中堅手は慌ててセカンドに入った遊撃手に送球したが、背番号17は大きなストライドから猛スピードで足から滑り込んだ。二塁塁審の判定はアウト。しかし、タッチよりも早いように見えた。すかさずソーシア監督がチャレンジを申告すると、セーフに覆ったのだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集