[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【名珍場面2018】井上尚弥、電撃の“20cmフェイスオフ”の1枚に海外興奮「ロドリゲスの眼に恐怖なし」

12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は10月のボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の“電撃フェイスオフ”だ。ボクシング・ワールド・スーパー・シリーズ(WBSS)で次戦の対戦相手が決まる1回戦を視察後、リングに上がって早くもフェイスオフが実現した。大会公式ツイッターが実際の画像を公開し、興奮を呼んだ。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

「スポーツ界の名珍場面総集編」―10月にロドリゲス戦視察後の対面が話題に

 12月を迎え、様々な競技で盛り上がりを見せたスポーツ界を連日、振り返る「名珍場面2018」。今回は10月のボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)の“電撃フェイスオフ”だ。ボクシング・ワールド・スーパー・シリーズ(WBSS)で次戦の対戦相手が決まる1回戦を視察後、リングに上がって早くもフェイスオフが実現した。大会公式ツイッターが実際の画像を公開し、興奮を呼んだ。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 2019年を待ち切れないファンにとってはたまらない瞬間だった。10月20日、米国で行われたWBSSバンタム級1回戦、IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と同級3位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)の一戦。井上が視察する前でロドリゲスが判定勝ちを収めると、驚きの展開が待っていた。大会公式ツイッターはその瞬間を切り取って伝えている。

 鮮やかなブルーのジャケットを羽織り、リングに上がった井上は真っすぐな視線を送る。その距離、20センチ。目前にいるのは、勝ったばかりのロドリゲスだ。井上は奥歯をぐっと噛み、一瞬にしてファイターの顔になった。しかし、ロドリゲスもクールな視線で睨み返す。WBSSプロモーターのカレ・ザワーランド氏が両者を見つめる前で、今にもゴングが鳴りそうな雰囲気だ。

 会場も大いに沸いた瞬間を「よだれの出そうな第2回WBSSバンタム級準決勝が待っている。無敗の王者同士の統一戦だ」とつづって公開。実際の様子を目の当たりにした海外ファンも大興奮となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集