[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、“打倒・紀平”に3A必要 ロシア名手が力説「勝つための戦略考えないと」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは紀平梨花(関大KFSC)がシニア1年目で初優勝を飾った。一方、平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)は同じ16歳の紀平に敗れて2位。母国の名手は紀平に勝つために3回転アクセルを習得する必要性を訴えている。ロシアメディアが伝えている。

紀平に敗れて2位となったアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】
紀平に敗れて2位となったアリーナ・ザギトワ【写真:Getty Images】

レオノワが母国メディアで提言「3回転アクセル習得しないといけない」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは紀平梨花(関大KFSC)がシニア1年目で初優勝を飾った。一方、平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)は同じ16歳の紀平に敗れて2位。母国の名手は紀平に勝つために3回転アクセルを習得する必要性を訴えている。ロシアメディアが伝えている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「アリョーナ・レオノワ『たぶんザギトワはキヒラに勝つために今、3回転アクセルを習得しなければならない』」と見出しを打って特集したのは、ロシアメディア「sports.ru」だった。記事では「12年世界選手権銀メダリストのアリョーナ・レオノワが、五輪女王のアリーナ・ザギトワは日本のリカ・キヒラの対等に戦うために3回転アクセルを習得しなければならないと考えている」とし、母国の名手の分析を紹介している。

「GPファイナル2位という順位を悲劇とする必要はありません」と語ったレオノワは「アリーナの滑りは理想的ではなかった。フリーで連続ジャンプはうまくいかず、3回転トウループが1回転になりました。しかし、もし彼女がすべてノーミスで滑っていたとしても、いずれにせよ(SP終了時点の)点差は大きかったと思います。フリーの得点では勝てたかもしれませんが、ショートとフリーを合計だとキヒラが1位だったでしょう」と指摘している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集