[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、ミスなき五輪女王を超えた驚き 露メディア「ザギトワが世界記録に負けた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が82.51点の今季世界最高得点で首位発進を決めた。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は77.93点で2位。女王の母国メディアは「キヒラはクリーンに滑ったザギトワに勝った初のスケーターになった」と評し、脱帽している。

アリーナ・ザギトワ、紀平梨花【写真:Getty Images】
アリーナ・ザギトワ、紀平梨花【写真:Getty Images】

露メディアが脱帽「キヒラはクリーンに滑ったザギトワに勝った初のスケーターに」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、女子ショートプログラム(SP)で紀平梨花(関大KFSC)が82.51点の今季世界最高得点で首位発進を決めた。平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワ(ロシア)は77.93点で2位。女王の母国メディアは「キヒラはクリーンに滑ったザギトワに勝った初のスケーターになった」と評し、脱帽している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

「ザギトワが世界記録に負けた。キヒラは他を寄せ付けない」と見出しを打って特集したのは、ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」だった。

「五輪女王がつい最近までジュニアだった選手に勝てなかった」と記した記事では、大会初日の目玉はザギトワと紀平の一騎打ちが予想された女子SPだったと紹介。「彼女たちは残りのスケーターたちに差をつけてリーダーの位置にいるが、ロシアのファンが望んでいたような展開にはならなかった」と振り返っている。

 最終滑走で登場したザギトワについて、紀平に並ぶには完璧な演技が必要だったと状況を伝えた上で「アリーナはこれができなかった。彼女は得意な3回転ルッツと3回転ループの連続ジャンプで多くの出来栄え点を獲得したが、多くのエキスパートがオンライン上で触れたように2つ目のジャンプ(2回転アクセル)は回転不足を取られてもおかしくなかった」と指摘した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集