[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

島田高志郎、初出場3位にランビエル氏が“日の丸2ショット”で祝福「幸せに思う」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、ジュニア男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の島田高志郎(木下グループ)が140.41点をマークし、合計214.38点で3位。昨年の須本光希に続き、日本勢2年連続表彰台を達成した17歳に対し、コーチを務めるステファン・ランビエル氏は自身のインスタグラムで歓喜の日の丸2ショットを公開し、「コウシロウの順位を幸せに思う」と感激している。

島田高志郎【写真:Getty Images】
島田高志郎【写真:Getty Images】

ジュニアGPファイナル、表彰台の17歳に小塚氏ら名スケーターも続々祝福

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、ジュニア男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)4位の島田高志郎(木下グループ)が140.41点をマークし、合計214.38点で3位。昨年の須本光希に続き、日本勢2年連続表彰台を達成した17歳に対し、コーチを務めるステファン・ランビエル氏は自身のインスタグラムで歓喜の日の丸2ショットを公開し、「コウシロウの順位を幸せに思う」と感激している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 日本の次代を担う17歳が輝いた。4回転トウループを決めるなど会心の演技で140.41点をマーク。堂々の表彰台だ。指導するトリノ五輪銀メダリストの名手ランビエル氏にとっても、喜びは格別だったようだ。演技後、インスタグラムを更新し、1枚の画像を公開した。

 衣装姿のまま、手にしたばかりの銅メダルと花束を持って、まだあどけなさの残る笑みを見せる島田。その隣で、スーツ姿のランビエル氏は一緒に日の丸を持ち、2ショットに納まっている。愛弟子の快挙に喜びを抑え切れない様子で、現役時代と変わらない甘いマスクに笑みを浮かべている。

 投稿では「コウシロウの順位を幸せに思う。次の停車駅・日本へ!」と祝福し、全日本ジュニアに視線を向けた。投稿には日本を含め、国内外のファンから祝福が相次ぎ、小塚崇彦氏など名スケーターもお祝いを投げかけていた。伸びしろ十分の17歳。羽生結弦、宇野昌磨と偉大な先輩を追いかける若武者の成長が楽しみだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集