[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

宇野昌磨、逆転Vならず 合計275.10点で2年連続2位 世界王者チェンが連覇達成

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨(トヨタ自動車)は合計275.10点で2位となった。SP1位の世界選手権覇者ネイサン・チェン(米国)が合計282.42点で2連覇を飾った。

2位で終えた宇野昌磨【写真:Getty Images】
2位で終えた宇野昌磨【写真:Getty Images】

GPファイナル男子フリー

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは7日(日本時間8日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の平昌五輪銀メダリスト・宇野昌磨(トヨタ自動車)は183.43点をマーク。合計275.10点で2位となった。SP1位の世界選手権覇者ネイサン・チェン(米国)が189.43点をマークし、合計282.42点で2連覇を飾った。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 宇野は冒頭の4回転サルコウは着氷が乱れたが、続く4回転フリップ、4回転トウループは綺麗に着氷。中盤はキレのあるスピンを披露し、4回転―2回転のトウループ、3回転アクセルも決めた。後半に3連続ジャンプで手をつく場面もあったが、なんとか粘ってまとめ切った。滑り切ると、表情にはやり切った充実感が浮かび、熱狂に沸く会場に笑顔で応えた。

 しかし、SP1位のチェンには及ばず、惜しくも優勝を逃した。昨年に続く2年連続2位となった。

【GPファイナル男子結果】

1位 ネイサン・チェン(米国)282.42点
2位 宇野昌磨(日本)275.10点
3位 チャ・ジュンファン(韓国)263.49点
4位 ミハル・ブレジナ(チェコ)255.26点
5位 キーガン・メッシング(カナダ)236.05点
6位 セルゲイ・ボロノフ(ロシア)226.44点

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集