[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15歳コストルナヤ、シニア顔負け高得点にISU賛辞「トルソワに番狂わせ与えた」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、ジュニア女子ショートプログラム(SP)で15歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が76.32点で首位発進。練習で4回転ルッツ―3回転ループを成功させて話題を呼んだ14歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)の74.43点を上回った。国際スケート連盟(ISU)は美しく決めたフィニッシュを「愛さずにはいられない瞬間」と題して動画付きで公開し、さらに「チームメートのトルソワに番狂わせを与えた」と賛辞を送っている。

首位発進のアリョーナ・コストルナヤ【写真:Getty Images】
首位発進のアリョーナ・コストルナヤ【写真:Getty Images】

V本命トルソワを抑えて首位発進「人生で最高のスケートを披露できた」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは6日(日本時間7日)、ジュニア女子ショートプログラム(SP)で15歳アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が76.32点で首位発進。練習で4回転ルッツ―3回転ループを成功させて話題を呼んだ14歳アレクサンドラ・トルソワ(ロシア)の74.43点を上回った。国際スケート連盟(ISU)は美しく決めたフィニッシュを「愛さずにはいられない瞬間」と題して動画付きで公開し、さらに「チームメートのトルソワに番狂わせを与えた」と賛辞を送っている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ロシアの次代を担うヒロイン候補が美しく舞った。コストルナヤの冒頭のダブルアクセルを完璧に決めると、続く3回転フリップ、後半のルッツ、トウループの連続3回転も見事に着氷。最後は手を蝶のように交差させながら拍子に合わせ、フィニッシュで両手を大きく広げて天を仰いだ。大歓声を浴び、15歳の美少女の顔がほころんだ。

 得点はシニア顔負けの76.32点をマーク。V本命に挙がっていた後輩の14歳トルソワを上回り、首位に立った。ISUフィギュア版公式ツイッターは「コストルナヤのSPで、愛さずにはいられない最後の瞬間」とつづり、印象的なフィニッシュの瞬間を動画付きで公開。さらに、SPの結果をレポートした公式サイトでは高評価を与えている。

「コストルナヤがチームメートのトルソワに番狂わせを与えた」とした上で「非常に美しく精巧なパフォーマンスだった」と賛辞。本人が「今までの人生で最高のスケートを披露できた」と語ったコメントも伝えている。シニアでは紀平梨花(関大KFSC)、アリーナ・ザギトワ(ロシア)らがハイレベルな戦いを演じているが、将来性に溢れるジュニアの争いも目が離せない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集