[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

悩めるメドベージェワ、盟友ワグナーが優しき言葉「私たちは見守り、待つべき」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、平昌五輪銀メダリストでショートプログラム(SP)3位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は125.26点で合計192.81点。

自己ワーストの4位に終わったエフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
自己ワーストの4位に終わったエフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

初の表彰台落ち、不振のメドベージェワに理解「彼女は必ず問題を突き止めるから」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、平昌五輪銀メダリストでショートプログラム(SP)3位のエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は125.26点で合計192.81点。シニアデビュー後、自己ワーストの4位に終わり、初めて表彰台を逃した。不振にあえぐ女王に対し、ソチ五輪団体銅メダルのアシュリー・ワグナー(米国)は「私たちは見守り、待つべき。彼女は必ず問題を突き止める」と優しい言葉を投げかけている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 メドベージェワは復活する。何度も一緒に戦ってきたからこそ分かる思いをワグナーは吐露した。フリーもミスが相次ぎ、自己ワーストの4位に終わり、初めて表彰台を逃した19歳に対し、27歳の名手は自身のツイッターでメッセージを発信した。

「エフゲニアはいまだ女王」とメドベージェワに敬意を払った上で「今年は精神的に、彼女が今まで経験したものとは全く異なる。私たちは見守り、彼女が問題を把握するまで待つべき。彼女は必ず問題を突き止めるから」と周囲はそっと見守ってあげることが重要と力説。今後に向けても「彼女のキャリアはまだ長く、これには時間が必要」とつづった。

 メドベージェワは今季、エテリ・トゥトベリーゼ氏からブライアン・オーサー氏に師事。ロシアからカナダに拠点を移し、環境は一変した。まして体型変化も伴う年代。難しさはあるが、本人は必ず復活の糸口を見つけ出すとワグナーは断言した。

 ワグナー自身、長いキャリアにおいて故障など、幾多の困難と向き合い、乗り越えてきた。その過程ではメドベージェワと同じ大会に何度も出場。メドベージェワが初優勝した16年世界選手権で2位に入り、一緒に表彰台にも上がっている。若いうちから間近で接してきて、強さを知っているからこそ今後に期待し、愛のある言葉を贈っているのだろう。

 GPファイナルこそ逃したメドベージェワだが、まずは12月のロシア選手権で浮上の兆しを掴みたい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集