[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、心揺るがぬ逆転Vに欧州実況も絶賛「なんてスーパーパフォーマンスだ!」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)が138.28点をマークし、合計205.92点で優勝。欧州で中継した放送局は冷静な状況判断で逆転Vを飾った16歳を「なんてスーパーパフォーマンス!」と絶賛している。

GPシリーズ第6戦フランス杯で優勝した紀平梨花【写真:AP】
GPシリーズ第6戦フランス杯で優勝した紀平梨花【写真:AP】

咄嗟の判断でジャンプ変更、冷静さを称賛「見事にやってのけた!」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)が138.28点をマークし、合計205.92点で優勝。欧州で中継した放送局は冷静な状況判断で逆転Vを飾った16歳を「なんてスーパーパフォーマンス!」と絶賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 若き天才少女が氷上に降り立った瞬間、中継局のボルテージは否が応でも高まった。

 欧州でテレビ中継していた英衛星放送「ユーロスポーツ」の解説者は「トリプルアクセル2本です。一つのプログラムに2本のトリプルアクセルを組み込んでいる現在唯一の女子です。10年前にマオ・アサダが成し遂げました」と語った。08年のGPファイナルで女子シングル初となる2本の3回転アクセルに成功した浅田真央さんの偉業を振り返り、紀平の離れ業再現に期待していた。

 そして、冒頭の3回転アクセル。紀平は何とか着氷したが、体勢を崩してしまうと、「おお!」と実況は思わず声を漏らす。「最大限に傾きましたが、何とか着氷しました。2本目は決めないといけません」と語った直後のコンビネーションで、16歳とは思えない冷静さを披露。3回転ではなく、2回転アクセルに変更。心が揺らぐことなく、そこから3回転トウループにつなげてみせた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集