[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、海外評価も急浮上 全米女王抑えた逆転Vに米メディア賛辞「優雅さ満載」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)が138.28点をマークし、合計205.92点で優勝。

GPシリーズ第6戦フランス杯で優勝した紀平梨花【写真:AP】
GPシリーズ第6戦フランス杯で優勝した紀平梨花【写真:AP】

実力者テネルらを抑えたGP連勝に高評価

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯は24日(日本時間25日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の紀平梨花(関大KFSC)が138.28点をマークし、合計205.92点で優勝。初出場Vを飾ったNHK杯に続くGPシリーズ連勝を飾り、GPファイナル(バンクーバー・12月6日開幕)進出を確定させた16歳を、米紙は「3回転ジャンプと優雅さが満載だった」と賛辞を送るなど、一気に海外評価も高まっている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 フランスから、また「Rika Kihira」の名を世界にアピールした。紀平は冒頭の3回転アクセルで着氷の乱れがあり、回転不足の判定に。流れを冷静に判断し、直後のコンビネーションジャンプは咄嗟の機転で3回転アクセルを2回転に変更。ここで勢いを取り戻すと中盤以降はキレのある演技でまとめ、加点を引き出した。

 鮮烈なGPデビューVを飾ったNHK杯に続く優勝。海外メディアも続々称賛したが、三原舞依(シスメックス)に続き、3位に入った全米女王ブレイディ・テネルの母国米国では地元紙「スポークスマン・レビュー」が「ネイサン・チェンとリカ・キヒラがフランス大会で優勝し、GPファイナルに到達する」の見出しで特集した。

 スケートアメリカに続き、今季2勝目を挙げた米国男子のエース、チェンとともに「女子は16歳のリカ・キヒラが圧巻の勝利者となった」と伝えた上で「3回転ジャンプと優雅さが満載のフリーだった」と内容を高く評価している。

 シリーズ連勝を飾ったのはアリーナ・ザギトワ(ロシア)と紀平のみ。その五輪女王とはGPファイナルで相まみえる。宮原知子(関大)、坂本花織(シスメックス)とともに日本勢3人で出場する大舞台でどんな演技を見せてくれるのか。今季のフィギュア界で一番のブレークを果たしている16歳に熱視線が注がれそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集