[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花は「3Aがなくても宝石だ」 フリーに海外期待「力強いカムバック知っている」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が23日に開幕。女子ショートプログラム(SP)で、注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)は67.64点で2位。冒頭のトリプルアクセルに失敗したものの、その後はまとめて、首位の三原舞依(シスメックス)にわずか0.31点差につけた。GP第4戦のNHK杯に続く、フリーでの逆転劇を海外メディアも期待している。

フランス杯SPで紀平はV射程圏内の2位につけた【写真:Getty Images】
フランス杯SPで紀平はV射程圏内の2位につけた【写真:Getty Images】

冒頭の3Aに失敗するもV射程圏、海外メディアはフリーの演技に期待

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯が23日に開幕。女子ショートプログラム(SP)で、注目の16歳紀平梨花(関大KFSC)は67.64点で2位。冒頭のトリプルアクセルに失敗したものの、その後はまとめ、首位の三原舞依(シスメックス)にわずか0.31点差につけた。GP第4戦のNHK杯に続く、フリーでの逆転劇を海外メディアも期待している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 紀平は冒頭、代名詞のトリプルアクセルが抜けてしまい、シングルアクセルに。まさかの0点になったが、それでも続くフリップートウループの連続3回転は綺麗に決め、後半の3回転ルッツも完璧だった。致命的な失敗があったとはいえ、三原との差はわずか。NHK杯に続く、GPシリーズ連勝は十分に狙える位置だ。

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は「キヒラはアクセルのチャンスを失敗してしまった。しかし、断言できるのは他は特に問題なかったということだ。首位を狙える位置につけたと言えるだろう」とツイートした。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」も公式ツイッターで「アクセルがあってもなくても、リカ・キヒラは宝石だ。そして彼女が力強くカムバックしてくることを我々は知っている」とつづり、フリーでの圧巻演技に期待をかけていた。

 フリーでは2度のトリプルアクセルに挑む、超高難易度構成。成功させれば追随できる者はいないが、跳べなければ一転窮地に立たされることになる。4位以上でGPファイナル出場は確定するが、攻める16歳は圧巻の演技でまた世界を驚かせる。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集