[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、セリーナ撃破は2018年屈指の番狂わせ WTAが3位に選出「歴史的瞬間」

女子テニスの世界ランク5位・大坂なおみ(日清食品)。2018年のテニス界を駆け上がった新星にとって、今季の最大のハイライトは9月の全米オープン制覇だ。WTAは今季の番狂わせトップ5を選出。憧れの元女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)を破った決勝を第3位に選出している。

9月の全米オープンでセリーナ(左)を破り優勝を果たした大坂【写真:Getty Images】
9月の全米オープンでセリーナ(左)を破り優勝を果たした大坂【写真:Getty Images】

WTAが今季の番狂わせトップ5を選出、セリーナ撃破の全米OP決勝が3位に

 女子テニスの世界ランク5位・大坂なおみ(日清食品)。2018年のテニス界を駆け上がった新星にとって、今季の最大のハイライトは9月の全米オープン制覇だ。WTAは今季の番狂わせトップ5を選出。憧れの元女王セリーナ・ウィリアムズ(米国)を破った決勝を第3位に選出している。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 男女通じて日本人史上初のシングルス4大大会制覇を飾った大坂。当時20歳の大坂と36歳のセリーナの頂上決戦は、大坂がストレート勝ちで頂点に立った。試合中のセリーナの物議を呼ぶ振る舞いも含め、今季のテニス界の大きなハイライトとなった。

 WTAは公式サイトで「WTA2018年番狂わせトップ5(3位)オオサカがセリーナの主張を克服し、歴史的な全米オープンのタイトルを獲得」と題して決勝を改めて特集。大坂も勢いに乗っていたとはいえ、過去にグランドスラムを23度制覇しているセリーナの有利が伝えられていたが、それを覆した結果を2018年屈指のアップセットと伝えている。

「私たちはWTAの番狂わせトップ5を紹介している。3位はナオミ・オオサカが6度チャンピオンになったセリーナ・ウィリアムズの主張を退け、初のグランドスラムタイトルを獲得した劇的な物語だ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集