[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

こんな得点見たことない!? 海外バスケの“頭ゴール”に仰天「これは2点?3点?」

海外のバスケットボールで信じられないような珍ポイントが生まれた。味方からのパスを頭で弾き、角度が変わったボールがゴールへ――。見事なヘディングシュートを決める一部始終を海外メディアが動画で公開。ファンからは「史上最高のプレー」「天才だ」などと爆笑と仰天の声が相次いでいる。

ヒムキ・モスクワでプレーするジョーダン・ミッキー【写真:Getty Images】
ヒムキ・モスクワでプレーするジョーダン・ミッキー【写真:Getty Images】

海外バスケでの信じられないようなゴールシーンが話題

 海外のバスケットボールで信じられないような珍ポイントが生まれた。味方からのパスを頭で弾き、角度が変わったボールがゴールへ――。見事なヘディングシュートを決める一部始終を海外メディアが動画で公開。ファンからは「史上最高のプレー」「天才だ」などと爆笑と仰天の声が相次いでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 頭でゴール――。バスケでは到底お目にかかれない実にユニークな得点シーンだった。舞台は現地時間22日のユーロリーグ。ヒムキ・モスクワ(ロシア)とブドゥチノスト(モンテネグロ)の一戦だった。第2クオーター3分、3Pラインの外でパスを受けたヒムキのビャチェスラフ・ザイチェフは、そのままシュートを狙う素振りを見せつつ、ゴール下の味方へのパスを選択した。次の瞬間だ。

 ゴール下のジョーダン・ミッキーも、ザイチェフがシュートを狙うと判断したのだろう。一瞬はパスを要求する動きを見せたのだが、すぐにボールから目を切り、リングを見据えた。そこへ予期していなかったパスを送られたため、頭を直撃。ボールはそのまま空中へ跳ね上がり、リングを通過したのだ。

 まさに鮮やかなヘディングシュートが決まった珍プレーの一部始終を米スポーツ専門メディア「ブリーチャーリポート」と、ユーロリーグの公式ツイッターが動画で公開。ファンの爆笑を誘い、さらに仰天させている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集