[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ザギトワ、最強の五輪覇者アベックVに賛辞「羽生にできることがザギトワにもできる」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で自身が持つ世界最高得点を更新したアリーナ・ザギトワ(ロシア)が142.17点をマーク。合計222.95点でGPシリーズ連勝を果たし、ファイナル進出を決めた。羽生結弦(ANA)とともに五輪覇者として貫禄の強さを見せつけた女王に対し、海外メディアは「ハニュウにできることがザギトワにもできる」と賛辞を送っている。

GPシリーズ第5戦ロステレコム杯を制したザギトワ【写真:Getty Images】
GPシリーズ第5戦ロステレコム杯を制したザギトワ【写真:Getty Images】

貫禄のGP連勝を海外メディア評価「今季も栄光のシーズンを送り続ける」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)で自身が持つ世界最高得点を更新したアリーナ・ザギトワ(ロシア)が142.17点をマーク。合計222.95点でGPシリーズ連勝を果たし、ファイナル進出を決めた。羽生結弦(ANA)とともに五輪覇者として貫禄の強さを見せつけた女王に対し、海外メディアは「ハニュウにできることがザギトワにもできる」と賛辞を送っている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 五輪覇者がモスクワで競演し、貫禄の優勝を飾った。男子で羽生が故障を負いながら戴冠を決めた後、女子で頂点に輝いたのは地元のザギトワだった。終盤にジャンプが抜けるミスがあったが、質の高い演技で2位以下を25点突き放して完勝。フィンランド大会に続いてGPシリーズ連勝を果たし、ファイナル進出を決めた。

「アリーナ・ザギトワが初めてのホームでのGPシリーズ勝利を飾る」と見出しを打って特集したのは、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」だった。

「五輪王者がモスクワでの勝利で今季も栄光のシーズンを送り続ける」と報じた記事では、五輪覇者がアベックVを果たした演技を振り返り「ユヅル・ハニュウにできることが、アリーナ・ザギトワにもできる。五輪王者は第5回GPシリーズモスクワ大会でハニュウとともに優勝を飾り期待に応えた」と称賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集