[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

棄権の元全米女王ゴールド、長文謝罪に励まし続々「世界はグレイシーのそばにいる」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、女子フリーで2年ぶり復帰戦となった元全米女王グレイシー・ゴールド(米国)は棄権した。うつ病、不安症、摂食障害による休養から復活したが、フリーの舞台には立たず。自身のツイッターで「もし悲しませたら申し訳ない」と長文メッセージを掲載し、謝罪。ファンからは「世界はグレイシーのそばにいる」などと温かい励ましが相次いでいる。

ロシア杯で棄権したゴールドがSNSに想いを吐露した【写真:Getty Images】
ロシア杯で棄権したゴールドがSNSに想いを吐露した【写真:Getty Images】

2年ぶり復帰戦もフリー棄権「もし悲しませたら申し訳ない」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、女子フリーで2年ぶり復帰戦となった元全米女王グレイシー・ゴールド(米国)は棄権した。うつ病、不安症、摂食障害による休養から復活したが、フリーの舞台には立たず。自身のツイッターで「もし悲しませたら申し訳ない」と長文メッセージを掲載し、謝罪。ファンからは「世界はグレイシーのそばにいる」などと温かい励ましが相次いでいる。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 フリーのリンクにゴールドの姿はなかった。ショートプログラム(SP)で10人中最下位ながら、2年ぶりの復帰戦で第一歩を踏みしめたが、最終的に棄権を選択。自身のツイッターで胸中を吐露している。

「今夜のフリーの棄権という結果にはひどく失望している。難しい決断だったけど、最終的には私の精神状態を考慮した。私は自分のフィジカルとメンタルがともに上向いていくことを期待しているわ」

 こうつづると、続けて「最後の下降の際の扱いは私がこれまでしてきた中で最も難しい出来事だった。けど、私の昨日のショートプログラムは悪くなかった。ここ数か月してきた努力を無駄にしたくなかったのもある」「そして、フリースケートの争いでは私の代表としての自信と健康状態にダメージを与えた。サポートしてくれている人たちに感謝します。もし悲しませたら申し訳ない。これは私にとってスタートでもっと大きくなれることを私は知っている」と投稿した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集