[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 井上尚弥、バーネット地元紙も大会主役認定「すでに今大会で嵐を巻き起こしている」

井上尚弥、バーネット地元紙も大会主役認定「すでに今大会で嵐を巻き起こしている」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会は3日にグラスゴーで行われるWBA同級スーパー王者ライアン・バーネット(英国)と5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)との一戦で4強が出揃う。決戦の舞台となる英メディアも「日本のイノウエは、この大会に嵐を巻き起こした」と高く評価している。英地元紙「アイリッシュ・ニュース」が報じている。

バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲスと対戦するWBA王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
バンタム級準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲスと対戦するWBA王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

バーネットードネア戦の開催地メディアも井上の存在感を評価

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会は3日にグラスゴーで行われるWBA同級スーパー王者ライアン・バーネット(英国)と5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)との一戦で4強が出揃う。決戦の舞台となる英メディアも「日本のイノウエは、この大会に嵐を巻き起こした」と高く評価している。英地元紙「アイリッシュ・ニュース」が報じている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 WBA正規王者の井上よりも上位のスーパー王者である、今大会第1シードのバーネットと“フィリピンの閃光”と呼ばれたドネア戦で盛り上がるグラスゴー。だが、バーネットの生まれ故郷、北アイルランドの地元メディアは今大会の主役を「The Monster」だと認めている。

「バーネットに続く第2シードの日本のナオヤ・イノウエは、すでに今大会で嵐を巻き越している。先月たった70秒で元世界王者のフアン・パヤノをノックアウトしたのだ」

 WBSS初戦で、これまで一度もKO負けのないパヤノをたった一回のワンツーで沈めた井上の戦慄の70秒は、英国でもすでに語り草となっている様子だ。

 順調に勝ち進めば、井上対バーネット戦は決勝で実現するが、スーパー王者のお膝元の敵地メディアも、モンスターの存在感には一目置かざるを得ないようだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー