[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 15歳山下真瑚、圧巻演技の銀メダルに米名物記者興奮「なんというGPデビューだ!」

15歳山下真瑚、圧巻演技の銀メダルに米名物記者興奮「なんというGPデビューだ!」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日(日本時間28日)、女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)3位の山下真瑚(中京大中京高)が136.76点で計203.06点で2位に入った。シニアデビューしたばかりの15歳が、初のGPシリーズで銀メダル。3位だったエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)を上回る快挙を、米国の名物記者も称えている。

シニアデビュー戦で2位に入った山下真瑚【写真:Getty Images】
シニアデビュー戦で2位に入った山下真瑚【写真:Getty Images】

シニアデビューしたばかりの15歳の演技に米記者感嘆

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは27日(日本時間28日)、女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)3位の山下真瑚(中京大中京高)が136.76点で計203.06点で2位に入った。シニアデビューしたばかりの15歳が、初のGPシリーズで銀メダル。3位だったエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)を上回る快挙を、米国の名物記者も称えている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大トリで登場した山下は冒頭の3回転ルッツー3回転トウループ-2トウループの3連続ジャンプに成功。その後も大きなミスなく滑り切り、演技後は笑顔で小さくガッツポーズ。優勝したエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)にはわずかに0.26点及ばなかったが、堂々たる演技を披露した。

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏も驚きを隠せないようだ。演技直後は「恐らくフリップでエッジを取られるだろうが、なんというGPデビューだ!! メダルに届くはず」と興奮気味にツイート。順位が確定した後には「合計203.06点でトクタミシュアに次ぐ2位。フリップのエッジでタイトルを逃した」と前半の3回転フリップでのエッジエラーがなければ、優勝だったと連投した。

 女子フィギュア界に颯爽と登場した新星。これからが楽しみになる結果だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー