[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベージェワ、自身ワーストのSP7位発進 フリーで巻き返し期す 樋口は2位

メドベージェワ、自身ワーストのSP7位発進 フリーで巻き返し期す 樋口は2位

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子ショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は60.83点で11人中7位と出遅れた。樋口新葉(開智日本橋学園高)が66.51点で2位。首位に立ったのは74.22点のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

GPシリーズ第2戦、メドベージェワは60.83点で7位とまさかの出遅れ

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第2戦、スケートカナダは26日(日本時間27日)、女子ショートプログラム(SP)を行い、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は60.83点で11人中7位と出遅れた。樋口新葉(開智日本橋学園高)が66.51点で2位。首位に立ったのは74.22点のエリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 メドベージェワがまさかの出遅れだ。冒頭の3回転ルッツ、ダブルアクセルは決めたが、後半の3回転フリップからのコンビネーションでミス。得点は伸び悩んだ。

 この結果を受け、米国の専門記者、フィリップ・ハーシュ氏は「メドベージェワは11人中7位。記憶が正しければ、彼女が2016年に国際大会のSPで3位になって以来最も低い順位だ。誰か僕の記憶が間違っていないか正確なものを教えてくれ」とツイート。メドベージェワのSPでのワースト順位は2016年の世界選手権(ボストン)など、3位スタートが2度あるだけ。驚異の安定感を誇っていたが、この日は精彩を欠いてしまった。

 首位までは約13点差。フリーでの逆転は十分に可能で、巻き返しに期待したいところだ。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー