[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 大坂なおみ、WTA記者が見た“68位上昇の奇跡”の軌跡「一発屋で終わるとは思えない」

大坂なおみ、WTA記者が見た“68位上昇の奇跡”の軌跡「一発屋で終わるとは思えない」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール)で今季全日程を終了した大坂なおみ(日清食品)。最後は左太もも痛による棄権で3戦全敗、1次リーグ敗退で姿を消したが、ツアー上位8選手のみが出場できる夢舞台に立った2018年の記憶は消えない。3月のBNPパリバ・オープンでツアー初優勝に始まり、9月の全米オープン制覇と一躍、スターダムにのし上がった。

全米女王になり、飛躍のシーズンを過ごした大坂なおみ【写真:小林 靖】
全米女王になり、飛躍のシーズンを過ごした大坂なおみ【写真:小林 靖】

ファイナル終戦で今季終了、WTA公式ライターに聞く“大坂なおみの2018年”とは

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール)で今季全日程を終了した大坂なおみ(日清食品)。最後は左太もも痛による棄権で3戦全敗、1次リーグ敗退で姿を消したが、ツアー上位8選手のみが出場できる夢舞台に立った2018年の記憶は消えない。3月のBNPパリバ・オープンでツアー初優勝に始まり、9月の全米オープン制覇と一躍、スターダムにのし上がった。

 1月に72位を記録した世界ランクは4位に上昇。女子テニス界で最大のシンデレラガールとなった21歳の1年は、どんなものだったのか。「THE ANSWER」ではツアーを取材し、17歳当時から大坂を知るWTA公式ライター、コートニー・グエン氏をシンガポールで直撃。大坂が2018年に歩んだ“68位上昇の奇跡”の軌跡を振り返ってもらった。熟練記者が見る大坂成功の要因と、未来の可能性とは――。

 ◇ ◇ ◇

 いつか必ずグランドスラムを勝つとは思っていた。2015年、スタンフォードで(サマンサ)ストーサーを破った時、初めて見た彼女の才能には驚かされた。この世界で通用するには何らかの武器が必要。持っていれば周りの目を引くし、その後も気に掛けられる。インディアンウェルズ(BNPパリバ・オープン)でそうそうたる面子相手に勝ち、その後のマイアミでも悪くなかった。

 ただ全米オープン前に、優勝候補に挙げられるほどのテニスをしていたかと聞かれれば、そうではなかった。3連敗中だった。全米の前に、シンシナティで痛い負けを喫しそこそこ落ち込んでいた。ニューヨークで優勝できるような雰囲気ではなかった。最初の3試合を良い内容で勝った後に「もしかしたらチャンスがあるのでは」と初めて思った。

 オフにサーシャ(バインコーチ)と組んだのが決定的だった。サーシャのおかげで技術、コンディション面で良くなったが、それ以上にナオミにとって良い相談相手になった。ナオミが必要としていたのは「指導者」ではなく「友人」だった。サーシャは若いこともあり、ナオミの憧れであるセリーナの元ヒッティングパートナーであることからナオミも彼をリスペクトしていた。

 今の女子テニス界は非常に拮抗している。グランドスラムを勝てる実力を持った選手が25人ほどいる。あとはコンディション、大会期間約2週間の勢いの問題。ただ、ナオミの場合決して波に乗って全米に入った訳ではなかったので、優勝できたのがなおさら衝撃的だった。ナオミのパワーは言うまでもないが、サーシャのおかげでディフェンスが格段に良くなり、カウンターが打てるようになった。そして、パワーだけではないことを示したことによって、彼女への期待がさらに高まった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー