[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみが魅せた 夢舞台の“絶品ラリー”にWTA興奮「とてつもないプレーだ!」

大坂なおみが魅せた 夢舞台の“絶品ラリー”にWTA興奮「とてつもないプレーだ!」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。しかし、第1セットには“絶品ラリー”からブレークするスーパープレーが炸裂。WTAが「とてつもないプレー!」と絶賛とともに動画付きで紹介し、輝きを放った。

大坂なおみ【写真:小林 靖】
大坂なおみ【写真:小林 靖】

初出場の最終戦、第1セットでスーパープレ炸裂「なんてポイントだ!」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。しかし、第1セットには“絶品ラリー”からブレークするスーパープレーが炸裂。WTAが「とてつもないプレー!」と絶賛とともに動画付きで紹介し、輝きを放った。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂が初の夢舞台で魅せた。第1セット、3-4で迎えた第8ゲーム。スティーブンスのサービスゲームでブレークチャンスを握り、集中力を研ぎ澄ませた。

 相手サーブをリターンすると長いラリーに。巧みに軌道を変えながら攻め込むスティーブンスに対し、懸命に耐えながら機を伺った。そして、強烈なバックハンドで相手の右サイドいっぱいに打ち込んで崩すと、一気に前進。スティーブンスもなんとか返したが、大坂は相手の動きを冷静に見極めながらフォアハンドを叩き、大坂のポイントになった。

 ここぞで飛び出したスーパープレーに会場のファンも大興奮。どよめきが沸き起こった。大坂も思わず、左拳を握りガッツポーズを作った会心のプレー。見事にブレークバックし、感情が高ぶった。WTA公式ツイッターは「なんてポイントだ! ナオミ・オオサカからとてつもないプレー!」と興奮のコメントとともに動画を公開。躍動ぶりを紹介した。

 試合はフルセットの末に敗れたが、初の大舞台において随所で輝きも放った大坂。試合後は「試合に勝てなかったけど内容には満足している」と手応えもつかんだ様子だ。次戦は世界ランク2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)戦。1次リーグの逆転突破へ、本領を発揮するチャンスはまだまだ残されている。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー