[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、ラケット投げの“イライラ感情露わ”に反省「自慢できることではない」

大坂なおみ、ラケット投げの“イライラ感情露わ”に反省「自慢できることではない」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。残り2戦で1次リーグ突破を目指す。試合中はイライラが目立つシーンがあり「決して自慢できることではない」と感情コントロールを課題に挙げた。

WTAファイナルの初戦を落とした大坂なおみ【写真:小林 靖】
WTAファイナルの初戦を落とした大坂なおみ【写真:小林 靖】

ミス相次ぐ…ラケットで足叩き、コートに突っ伏す場面も「感情コントロールしたい」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は22日、初出場の世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が“新旧全米女王対決”となった同6位スローン・スティーブンス(米国)に5-7、6-4、1-6で敗れ、黒星発進。残り2戦で1次リーグ突破を目指す。試合中はイライラが目立つシーンがあり「決して自慢できることではない」と感情コントロールを課題に挙げた。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂が我慢しきれず、崩れた。立ち上がり、いきなりブレークダウンされて「欲張りになりすぎた」。緊張はなかったというが、リズムを取り戻そうとするあまりに力み、要所でミスが目立った。最終セットまで持ち込んだが、最後は失速。「もっと安定したプレーができれば良かった。ちょっと守備的になりすぎた」と唇をかんだ。

 試合中には感情表現が露わになった。ラケットを足にぶつけて叩いたり、放り投げたりイライラ。コートに膝をついて突っ伏す場面も。「決して自慢できることではない。基本的に無表情の時の方が良いプレーができていると思うので、なるべく感情をコントロールしたい。でも、出ちゃったらごめんなさい」と反省し、最後は笑顔で語った。

「負けた後、5分くらいは悲しかった」とすぐに気持ちは切り替えられるのが、大坂の今季の強さでもある。「今日はいい勉強になった」と話した上で「この大会のいいところは負けてもチャンスがあるところ。ミスから学んで、すぐに生かす機会がある。負けた試合の方が学ぶことは多いので、次に何とか生かしたい」と視線を上げた。

 次戦で対戦するのは24日の世界ランク2位アンゲリク・ケルバー(ドイツ)戦へ視線を上げた。「100万回対戦してるので、お互いを知り尽くしている」とナオミ節を交えながら、決意を込めた。上位2人が進出できる決勝トーナメントへ。もう一度、初心に立ち返って、次戦こそ“らしさ”を発揮する。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー