[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 宮原知子、圧巻の“進化のV2”に海外続々絶賛「偉大な強さ」「サトコはファイターだ」

宮原知子、圧巻の“進化のV2”に海外続々絶賛「偉大な強さ」「サトコはファイターだ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは21日(日本時間22日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)が145.85点をマークし、合計219.71点で2連覇を達成した。2位は合計213.90点の坂本花織(シスメックス)が入り、日本勢が1、2位を独占した。見事に優勝した日本のエースに対し、海外から「偉大な強さ」「サトコはファイターだ」と賛辞が上がっている。

宮原知子【写真:Getty Images】
宮原知子【写真:Getty Images】

GPシリーズ第1戦で連覇達成、ISUも賛辞「素晴らしいスピンとフットワーク」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦のスケートアメリカは21日(日本時間22日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の宮原知子(関大)が145.85点をマークし、合計219.71点で2連覇を達成した。2位は合計213.90点の坂本花織(シスメックス)が入り、日本勢が1、2位を独占した。見事に優勝した日本のエースに対し、海外から「偉大な強さ」「サトコはファイターだ」と賛辞が上がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 GPシリーズ初戦。期待と緊張が渦巻くリンクで、堂々と舞った。

 宮原はタンゴのリズムに合わせ、ミスのない演技を披露。安定感のあるジャンプは昨季から進化を感じさせた。滑り終えると会心のガッツポーズ。合計219.71点をマークし、見事に大会連覇を達成してみせた。後輩・坂本とのワンツーだから喜びも倍増だ。

 海外も高く評価した。国際スケート連盟(ISU)公式サイトは「コンビネーションがとても良く、素晴らしいスピンとフットワークで145.85点を記録した」とレポートした。

 ルーマニアのフロレンティナ・トーン記者が展開するスケート専門メディア「インサイドスケーティング」公式ツイッターは「サトコ・ミヤハラ、彼女の旅はスケート・アメリカで幕を開けた」と記した上で「サトコはファイターだ」とつづっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー