[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 村田諒太、まさかの敗戦から一夜明け、今何を思う「こういう試合を続けたら壊れる」

村田諒太、まさかの敗戦から一夜明け、今何を思う「こういう試合を続けたら壊れる」

前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が21日(日本時間22日)、王座陥落から一夜明けて、試合会場だった米ラスベガスのパークシアターで報道陣に対応した。2度目の防衛戦では、同級3位ロブ・ブラント(米国)に0-3の判定負け。ジャッジ2人が10ポイント差をつける完敗だった。敗戦から一夜明けて、村田は今何を思うのか。一問一答は以下の通り。

王座陥落から一夜明けて報道陣の前に姿を見せた村田【写真:編集部】
王座陥落から一夜明けて報道陣の前に姿を見せた村田【写真:編集部】

王座陥落から一夜明け、村田が胸中を明かす

 前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が21日(日本時間22日)、王座陥落から一夜明けて、試合会場だった米ラスベガスのパークシアターで報道陣に対応した。2度目の防衛戦では、同級3位ロブ・ブラント(米国)に0-3の判定負け。ジャッジ2人が10ポイント差をつける完敗だった。敗戦から一夜明けて、村田は今何を思うのか。一問一答は以下の通り。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

――体の状態は?

「ダメージはあります。試合が終わったらしっかり休憩しなさいと言われる理由がわかる。今までここまでタフな試合はなかったなと」

――昨夜は?

「ほとんど寝てないですね」

――試合の映像は見た?

「まだです。さすがに見ないでしょ」

――反芻したことは。

「足を使って動かれることに非常に弱い。自分の未熟さだったり、やっぱり昨日は負けたなという気持ちが大きくなりました」

――ゴロフキン戦が遠のいたことについては。

「あれば良かったが、負ければなくなると思っていた。そういう運命になかった。実力が達していないんだなと」

――今回よりも次戦をにらんだ意見が多かった。

「僕はそうでもなくて、一歩一歩だと思っている。1つ1つクリアしていかないと次がないという気持ちでした」

――ボクシングに幅がないと話していた。これから自分のボクシングを見直す?

「それはまだ答えがでないですね。これだけのサポートいただいている人間なので、話してから決めないといけない」

――ラスベガスのリングはどうだったか。

「嬉しかった。多くの日本人の関係者の方に来ていただいて、ホームでやっているような気持ちでできた。楽しそうにあの場にいてくれた。ボクシングをしてきて良かったなと思う瞬間でした」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー